あせもの治療に使うアロエの使用方法

赤ちゃんや幼児には、必ずできる「あせも」ですが、刺激を受けやすい状態にあるので、あせもがすぐにできてしまいます。
あせもも、細菌に感染したりすると痛くなったり、膿んでしまったりするので注意が必要です。

涼しく夏を過ごせればいいのですが、赤ちゃんや幼児がクーラーを使いすぎるのはよくありません。体温調節に支障がでてきてしまいます。
むしろ風通しのいい衣服を着せる、マメに入浴させる、などの細かな世話をすることが大切です。

このときにパウダーでなくアロエを使うといいでしょう。アロエの消炎作用と毒素を中和する作用があせもを治してくれます。パウダーの場合、つけすぎてしまうと、汗の出口をふさいでしまうこともありますが、アロエであれば問題ありません。

あせもの治療に使うアロエの使用方法

アロエが効果的だからといって大人と同じ使い方をしてはいけません。
赤ちゃんの肌は刺激に弱いので、アロエをそのまま使うと強すぎて逆にかぶれてしまう場合があります。

まずアロエのとげを取り除き熱湯消毒後、ゼリー部分のみをすりおろします。これをいったん湯通しして作用を緩和したうえで、脱脂綿などに含ませ軽くたたくようにぬってあげます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です