リウマチの症状に使うアロエの使用方法

筋肉や関節に痛みと炎症が頻繁に起こり、それが角の各部に移っていくように感じられる物はすべてリウマチとして診断されました。

現在では、リウマチ熱、慢性関節リウマチをさすことが多くなっています。

この病気になると、軟骨や骨の周辺が炎症によっておかされるため激痛が走り、ひどくなると関節が変形して動かなくなってしまいます。
リウマチに悩む人は多いにもかかわらず原因が解明されていないために、これといった治療法がありません。

アロエが効くとも言い切れないのですが、アロエの服用によって症状が軽くなった報告もあります。アロエの成分中の炎症を抑制する力が少なくとも関節の痛みや炎症を緩和することができるからです。

アロエを使った体質改善効果が悪い方に向かうことはありません。

リウマチの症状に使うアロエの使用方法

アロエの成分に抗炎症作用があるといってもそれだけでリウマチが治せるわけではありません。
ほかの成分も相乗的によい影響を及ぼすことで効果が期待できます。
下痢をしない程度に、毎日好きな方法で表皮も葉肉も服用するようにします。

なお、痛みや炎症を和らげる作用は、アロエベラが特に強いというデータがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です