肝臓病の症状に使うアロエの使用方法

お酒が好きな人、毎晩飲む人はどうしても肝臓が気になります。しかし、肝臓がどれほど重要で大切な臓器かは意外と知らないものです。
肝臓の病気は、急性・慢性肝炎、血清肝炎、肝硬変、胆石、胆嚢炎などがあります。
急性・慢性の肝炎は、暴飲暴食や有害物質を取り込んだ肝臓に過度の負担を強いられるような場合に起こる場合が多く、血清肝炎は、輸血によってウィルス感染して起こるものです。
これらの肝炎は放っておく、あるいは、気づかないでいると、肝臓の一部が硬くなる肝硬変へと悪化します。

肝臓は人間の臓器の中で最大の分泌器官です。そして、腸の脂肪消化を助ける胆汁酸などを含む胆汁を作ったり、余分な炭水化物をエネルギー貯蔵物質、グリコーゲンに買えるなど、とても大切な働きをしています。

肝臓の病気には、前述したように急性、、慢性の肝炎、肝硬変、脂肪肝などがあります。では、酒飲みはみんなこうした病気になるのか?というと、そうではありません。
ウィルスによるものが一番多いのです。ということは、お酒を飲まない人であっても注意しなくてはならないということになるのです。
肝臓が悪化すると、吐き気、腹痛、食欲不振といった症状があらわれます。まずは病院を受診してしっかり診てもらわなくてはなりません。吐き気、腹痛、食欲不振などの症状があらわれたら、肝炎を疑うことも大切です。
アロエの成分中、この肝臓の働きを助けるのはアロエチンで、その解毒作用が炎症を鎮めてくれます。アロエの持つ便秘解消効果も肝臓の負担を軽減するために役立っています。体から取り入れられた有害物質を分解し、無害なものに変える効果も期待できます。
アロエの解毒作用は肝臓の働きを助ける役割もあります。また、アロエの新陳代謝を活発にし血行を改善するので肝臓が悪くなっても回復を早めることができます。

肝臓病の症状に使うアロエの使用方法

生の葉でなくてもかまいません。絞り汁や煎じ汁、市販されているアロエジュースなどでもかまいませんのでアルコールの摂取過多による脂肪肝などを防ぎます。アロエ酒は控えるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です