頭痛の症状に使うアロエの使用方法

頭痛が頻繁に起きる人は、まずしっかり病院を受診します。脳腫瘍や高血圧などの大きな病気の可能性もあります。また、目、耳、歯などが異常や過労等はっきりとした原因でおきるもの、そしてはっきりとした原因がないのに起きるものとがあります。

はっきりとした原因による頭痛の場合、原因となる病気を治さない限り頭痛が治まることはありません。まずは病院を受診します。

こうした病気ではなく一般的な頭痛の場合は、偏頭痛や緊張性頭痛があります。偏頭痛は、急に頭の片側がズキズキと痛み出すもので、ひどいときには、吐き気を催します。実際に吐いてしまう場合もあります。片側だけでなく両側が痛む場合もあります。

ストレスがたまったり、睡眠不足が続いたときに起こりやすく、気圧や気温の急激な変化も原因となります。女性の場合は、生理前、生理中などに起こることもあります。

一方、l緊張性頭痛は締めつけられるような痛みと、肩や首筋のこりが発生します。性格が神経質でストレスへの返納が強いために緊張が起こることが原因です。

こうした場合には、一般的に頭痛そのものは、鎮痛剤や精神安定剤といった薬でおさめることができます。薬の場合は、一時的に痛みは和らぎますがまた同じように痛みがでてきます。
その場しのぎの対処法に頼るのではなく、根本的に体質改善することで頭痛を治すようにしないといつまでたっても同じことの繰り返しになってしまいます。

頭痛は、ストレスが引き金になっているのが特徴です。アロエには精神安定作用がありますが、たっぷり眠る、できるだけ小さなことにこだわらないなど、考え方を変える努力も重要です。
また、頭痛が起こる人は虚弱体質の人が多くこうしたケースでも気長にアロエを使い続けることで改善に向かいます。
アロエの血管を柔らかくする作用により括流の改善になり痛みが改善していきます。

頭痛は血流が悪くなり、脳血管が拡張、収縮することによって起こります。アロエには、細胞の新陳代謝を活発にして血管の弾力性を高める働きがあるので、長く服用するうちに脳血管の拡張・収縮が起きにくくなります。
また、頭痛もちの人は、胃腸が弱い場合が多く、これもアロエによって胃腸を丈夫にし、自律神経を安定させます。

頭痛の症状に使うアロエの使用方法

体調をみて下痢などの症状がないようなら、頭痛が起こったときに生の葉を3センチぐらい食べてみましょう。
もちろん毎日の食事にとりいれるのも効果的です。
リラックスしながら少しずつアロエの摂取量を増やします。毎日、食べるとなると生食だけでは飽きてしまうのでしぼり汁以外にも天ぷら、三杯酢などの料理に利用するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です