かぜの症状に使うアロエの使用方法

かぜは空気中のウィルスが人間の呼吸器官から体内に入り込んで感染症を起こすものです。普通、感冒とインフルエンザのふたつに大別されます。

感冒は、くしゃみや鼻水、鼻づまり、せき、たんなどの症状があり、熱はそれほど高くなりません。

インフルエンザは、普通のかぜの症状に加えて初めから高い熱がでます。体力がない場合、肺炎などになってしまう場合もあります。
ですから軽視せずにきちんと治すことが大切です。

残念ながらアロエにはかぜのウィルスを殺菌する作用はありませんが、アロエウルシンの持つ消炎作用がひとつひとつの症状を緩和します。
また、アロエチンやアロチミンという成分はウィルスの働きを鈍くします。

風邪をひいたときだけでなく、普段からアロエを服用するといいでしょう。

かぜの症状に使うアロエの使用方法

予防としてアロエを服用するのであれば、どんな方法でもかまいません。
下痢をしない程度に自分なりの適量を見つけて飲むといいでしょう。

風邪をひいてしまった場合は、まずは身体を温め、アロエ茶にしてもいいし、アロエ酒をお湯で割って飲んでもいいでしょう。

たんがからむようなときは、アロエの葉をよく洗いひげをとっておろし金ですりおろし、絞り汁を飲むといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です