よいアロエを見分ける(購入する際の注意ポイント)

購入のベストタイミング

アロエは、普通、3月頃から園芸店、種苗店の店先に並びはじめ、夏近くまで販売しています。購入する時期は、これから増やしていくことを考えるなら5月頃がベストです。
というのもこのころが最も成長する時期で、水やりも5日に1回程度と、ほとんど手をかけずに初心者でも簡単に育てるこtができます。

ただし、アロエはほかの植物とは違い、常時販売している店は少なく1回仕入れるとまた少したたないと店先に並びません。

もしアロエの購入を考えているならば、見つけたときに購入する、のも大切なポイントです。なかなか見つからない場合は、園芸店や、種苗店に注文し、取り寄せてもらいます。

価格は気にしない

価格は700円~1000ぐらいまでが一般的です。高いほうがよく育っているのは確かですが、購入してからきちんと育てれば問題ありません。無理して高いアロエを選ぶ必要はありません。
価格よりも重視する点は以下の点です。

温室育ちと天然の差に注目

価格よりも注目したいのが、温室育ちか天然かということ。植物の発育にとって太陽光線は必須です。
当然、天然で育ったもののほうがいいでしょう。

  1. 葉の密生具合
  2. 葉の厚み・弾力性
  3. 葉の色

この3つの条件に注意します。温室育ちは、葉と葉の間隔が広く厚みも少ない反面、色は鮮やかな緑色をしています。いつまでもなく、天然のアロエはその逆で、厚くて黄色がかかった葉が密生しているのです。葉が黄色なのは、太陽光をしっかり浴びている証拠です。
見かけの鮮やかさに目を奪われると、後になって育てるのに苦労します。

よいアロエの条件は多少、黄色がかかった緑色で厚みと弾力のある葉が密生しているものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です