アロエを使う前の注意 敏感肌ならバッチテストは必須

過信しすぎない

医者いらずとも呼ばれてきた「アロエ」ですが、最近では、次々に科学的な解明もされてきましたが、アロエだけに頼るのは禁物です
身体に異常を感じたら医師の診断を受けることが大前提です。

特に高血圧、糖尿病、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ガン、肝臓病などは生命に関わるため、しっかり医師の診断を受けるようにします。
アロエは自然なもので人工的に合成したものではないので副作用は心配しなくても大丈夫ですが、食べてはいけない人もいます。

アロエを食べてはいけない人

アロエは、強い下剤効果があるので、妊娠中、生理中の女性は避けます。妊娠中に服用してしまうと流産の危険性もあります。

キダチアロエに比べてアロエベラにはこうした副作用が少ないのですが、同様に注意します。

適量を知る

アロエにはかなり強い成分も含まれます。適量をしっかり守ることが大切です。一度に多量に飲むようなことはしないようにしましょう。
お年寄り、子供、虚弱体質の人は少量からはじめます。

パッチテストも

ごくまれに肌に合わない人もいますので、事前にパッチテストを行います。腕や太股などの軟らかい部位にアロエの汁を塗ります。葉肉の部分のゼリー部分を貼り付けるのもいいでしょう。一晩そのままにしてなんともなければOKです。
赤くなったり湿疹がでたらNGですので使わないようにします。
詳しいバッチテストの方法についてはアロエの美肌効果を試したいのですが敏感肌でも心配ないでしょうか? に記載があります。

アロエを使う前の注意 敏感肌ならバッチテストは必須」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: アロエ風呂で心身リフレッシュ | アロエ効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です