胃下垂の症状に使うアロエの使用法

胃下垂とは、胃を支える筋肉が緩んで、正常な位置よりも下に胃が落ち込んでしまった状態をいいます。一般的に体力のない虚弱体質の人に多くみられ、原因を特定できない場合が多いです。

胃が下垂しているだけなら特に苦痛がないのが普通なのですが、「胃アトニー」を伴っていることが多くて、そうなると不快な症状がいろいろと起こります。胃アトニーというのは、胃下垂が原因で胃の筋肉がたるんでしまい、胃の動きが悪くなることです。胃に炎症や潰瘍があるわけではないのですが、胃の運動が弱くなるので、食べたものを消化し、腸へ送る力が低下します。

いったん胃下垂になってしまうと、残念ながら、下がった胃を完全に元の位置まで戻すことは困難であり、時間をかけて、弱く力のない体から強い体に改善していくしかないのです。

胃下垂だけの場合、自覚症状はほとんどないのですが、胃アトニーになると、日常的に、消化不良による胃もたれ感や胃痛、ゲップ、食欲不振などの症状が起こります。また、手足が冷えたり、肩がこったり、頭が重かったりといった症状を併発することもあります。

胃下垂はレントゲン検査で確実にわかりますから、胃に不快感が続いているようなら、一度検査しておくのがよいでしょう。病気ではないので、特に治療がおこなわれるわけではありません。

胃アトニーの場合には、本人にとってはつらい症状であり、食事や運動などの生活指導がおこなわれます。

胃下垂の症状に使うアロエの使用法

アロエの苦味成分であるアロインやアロエエモジンは、胃の自律神経のはたらきを調整して、低下してしまった機能を活発にします。それと同時に、強い体質に改善するようにはたらきます。

生の葉のままのほうが効果的ですが、摂取を長期にわたって続けるためには、粉末状や粒状にされたものも適しています。