下痢の症状に使うアロエの使用法

外形をとどめない便が一日に何回か出る場合を下痢といいます。下痢の便の状態は、軟便から水様便まであります。

下痢には急性のものと慢性のものがあるのですが、急性で腹痛や吐き気、発熱を伴っているときには、食中毒を起こしている疑いがあります。激しい症状があるので、この場合には医師の診察が早急に必要です。

慢性の下痢は、おもに腸の異常が原因となって起こります。慢性腸炎や腸の機能低下のほか、急激な水分の過多やアルコールの飲み過ぎといった不摂生による体力の低下などが原因になることがあります。そして、緊張を強く感じたときや日常のストレスからくる慢性的な下痢もあります。

慢性の場合、特別に強い症状は伴いませんが、腰にだるさを感じたり、不快感があったり、腹痛が起こることもあります。急性で食中毒による下痢の場合は、腸内の毒素を急速に排除しようと生理的に作用します。ですから、勝手に下痢止めの薬などを服用してはなりません。先でも触れましたが、早急に医師の診察を受け、指示に従いましょう。

下痢の症状に使うアロエの使用法

下痢に対してアロエを用いるには、注意が必要です。アロエがもっている健胃整腸作用を利用して、下痢体質の改善を目的に用います。

穏やかに効く粉末タイプまたは錠剤タイプを常用しましょう。

便秘に悩む場合のアロエの使用法はこちら。