更年期障害の症状に使うアロエの使用法

私たちの体は、ホルモンの影響を受け、一生のうちに何度か大きく変化します。
女性は40歳を過ぎると、卵巣の機能が徐々に低下していきます。卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつのエストロゲンが減少し、排卵がなくなり、そのうちに月経が止まります。この、女性ホルモンの分泌が急激に低下し、成熟期から老年期に移行する期間を「更年期」といいます。

女性の多くが50歳前後で閉経を迎えることから、閉経を中心とした前後のおよそ10年間が更年期と呼ばれます。個人差はありますが、ホルモンのバランスが乱れるとそれが原因でさまざまな不快な症状があらわれます。自律神経の調節が乱れるので、症状は自律神経失調症と似ていて、精神的に不安定になります。

具体的な症状としては、のぼせ、ほてり、冷え、めまい、だるさ、むくみ、肩こり、腰痛、関節痛、口の渇き、発汗、手足のしびれ、耳鳴り、動悸、息切れ、頭痛など、身体的なもののほか、怒りっぽくなったり、急にふさぎ込んだりと気分の上下が激しくなって、精神的なものもあらわれます。さまざまな問題から、不眠にもなります。

その人の性格や抱えているストレスなど精神的なものに大きく左右されやすいのが更年期障害の特徴です。さまざまな症状があっても、日によって違う症状があらわれたり、いくつもの症状が重なってあらわれることもあります。

肉体的にも精神的にも変化を迎える時期なので、少しでも負担が減らせるように、更年期障害に対してのセルフケアを考えてみましょう。
自律神経が安定するよう、ウォーキングや水泳などの有酸素運動をして体のバランスを整えたり、趣味を楽しんだり気分転換やストレス解消をして心のバランスを整えるのがおすすめです。

更年期障害の症状に使うアロエの使用法

アロエには、血液の流れを良くしたり、神経を鎮静してはたらきを調和させる成分が含まれています。生の葉やしぼり汁を常用することで、さまざまな不快な症状を軽減します。アロエ風呂アロエ酒も有効で、血の巡りを良くして神経のはたらきを整えます。