口臭に使うアロエの使用法

人と話していて、顔の距離が近いとき、相手の口臭が気になったこと、または自分の口臭が心配になったことは、多くの人が経験していることでしょう。

口臭の原因として多いのは、歯肉炎や歯周炎などの歯周病や舌苔(ぜったい)です。虫歯があったり歯ぐきに病気があったりすると、口臭があらわれます。舌苔というのは舌の表面に白っぽく見えるもので、歯の表面に付着する歯垢(しこう)と同じように、舌に付着する苔(こけ)状の細菌のかたまりです。舌苔からは硫化水素などが産生され、やはり口臭となります。こうした口臭のおもな原因物質は、揮発性の硫黄化合物です。

また、これらだけでなく、鼻やのどなど呼吸器系の病気があったり、糖尿病、腎臓や肝臓などの内臓の病気があったりする場合にも呼気を通しての口臭があります。

そして、唾液が減少することでも口臭が発生します。唾液には、細菌の増殖を抑えて口の中を洗浄する作用や、口の中の粘膜を保護する作用などがあります。唾液は口臭予防に大切なものだということを覚えておきましょう。唾液の分泌が少なくなると、口の中が不潔になって虫歯や歯槽膿漏になったり、口の中が乾燥して口臭が強くなったりします。

ストレスがかかったときや緊張したときに口が臭くなるのは、唾液の量が減って口の中が乾くからです。生理的な口臭はほかにもあって、朝起きたときやお腹が空いたときには、特に口臭が強くなります。

このように、さまざまなことが原因となって発生する口臭ですが、実はけっこう厄介なのです。それは、口臭は自分では気づきにくく、なかなか改善に至らないからです。気にする人が多い一方で、強い臭いに無自覚な人も多いといわれています。

口臭に使うアロエの使用法

アロエに含まれているアロエチンという成分が口腔を殺菌し、消化器系の粘膜の炎症を抑えます。アロエウルシンは、潰瘍を抑えるのに有効です。アロインやアロエエモジンは、胃を健やかに保ったり、体内の毒素を体外へ排泄するはたらきがあります。

口腔の殺菌には、口内炎と同じように3~4センチメートルの葉をすりおろしたアロエを水で4~5倍に薄め、口の中の炎症を起こした部分に当たるように含み、しばらくしたらそれを飲み込みます。

内臓のはたらきを良くしたり、体に抵抗力をつけるためには、アロエの服用が欠かせませんが、これは普段からおこなっていることが大切なので、アロエのジュースやお茶を日常的に用いるようにしましょう。