シミ・ソバカスに使うアロエの使用法

シミ・ソバカスはメラニン色素の沈着

シミ・ソバカスは、どちらも皮膚の内側にメラニン色素が沈着して起こります。

20歳代ぐらいまでの若いうちはいいのですが、ある程度の年齢を重ねた女性は、鏡を見てショックをうけることが多いでしょう。

メラニンというのは、人間を含めた動物、植物などに形成される色素で、私たちの肌や髪、瞳などに黒や褐色の色をつけているものです。メラニンには黒色と肌色の2種類があり、日本人と諸外国人で肌や髪や瞳の色が違うのは、このメラニンの量が違うからです。

メラニンは紫外線やガンのもととなる活性酸素といった有害物質のバリアーとなって肌のトラブルや病気から守ってくれているので、メラニン色素はとても大切な物質です。しかし、過剰に生成されたメラニンは色素沈着を起こしてシミとなります。

シミはおもに30歳代以上の人の頰や鼻のまわり、額などにできます。シミができる原因は、紫外線や活性酸素ですが、そのほかにも、ホルモンの分泌異常などが考えられています。

一方、ソバカスは、細かい茶褐色の斑点が頰や目のまわりなどの紫外線が当たりやすいところに、集中してできます。思春期の間だけできるソバカスもあるようですが、遺伝的にソバカスができやすい体質の人もいるといいます。

ソバカスができるのは、間違ったスキンケア、ビタミン不足、過度のストレスや睡眠不足などさまざまな原因が考えられますが、大きな発端となっているのは、紫外線や活性酸素だといわれています。これらの害から皮膚を守るためにメラニン色素が増殖して、色素沈着が起こるのです。

日光浴をし過ぎないこと

シミ・ソバカスは、紫外線を浴びることによってメラニン色素を合成する酵素が活性化し、数が増えたり色が濃くなったりします。

こうしたことから、長時間にわたり日光(紫外線)を浴びるのは避けましょう。特に、夏の屋外で活動するときには、長袖のシャツやパンツを着用する、肌には紫外線をカットする化粧品を使う、といった紫外線対策が大切になってきます。

シミ・ソバカスに使うアロエの使用法

シミの原因には、年齢的な問題もあります。ホルモンの乱れのほか、中年以降になると体の新陳代謝が鈍くなったり、長年使ってきた化粧品の影響を受けたりもするのです。しかし、アロエの内服によって新陳代謝は活発になり、シミが発生するのを防ぎます。シミができてしまった場合には、アロエの葉肉を切り、そのゼリーをシミの部分にすり込みます。あるいは、しぼり汁をつけます。

ソバカスには、アロエの内服と外用を併用するとよいです。シミの対応と同じでよいのですが、よりこまめに行うほうがよいでしょう。

アロエには、メラニン色素の沈着を防ぎ、表皮細胞の代謝をスムーズにするはたらきがあるので、シミ・ソバカスの予防や進行を抑えるのに役立ちます。

美容に効くアロエケアは、こちらも参考に。