アロエはこう使う!」カテゴリーアーカイブ

より元気に育てる

育て方のポイント

アロエは熱帯性生まれの植物。寒さからしっかり保護することと、太陽光線を十分に当てることが重要です。
ただし、真夏に温室育ちのアロエを買った場合には、太陽光線に慣れていないので、いきなり直射日光に当てないように気をつけます。

午前10時頃までは日の当たるところに、その後は日陰に置くようにします。
10日~14日(2週間)ほどして葉の色が黄ばんできたら太陽に強くなった証拠です。その後は天然のアロエと同じ扱いをしてOKです。

鉢植えで育てる

培養土5に対してピートモス2.5、砂2.5の割合です。
腐葉土5に対して、鹿沼土また赤玉2、ピートモス1.5、砂1.5の割合。
腐葉土4に対して鹿沼土3、ピートモス1、砂1、貝殻粉1の割合。
このような割合で作られた土がアロエには理想です。

元来、アロエは、生命力が強い植物です。市販のサボテン培養土に赤玉土などを混ぜるだけでも十分に育ちます。

大切なのは、貝殻粉や石灰などを加えて酸性化を防ぐこと。石灰を八の4カ所に置けば、水をやるたびに少しずつ溶け出して土にしみこみます。

そのほか、お菓子などに入っている乾燥剤(シリカゲル)を1gにつき1.8リットルの水に溶かしてかかける。蛤の貝殻をそのまま土に置くなどの方法もあります。

手持ちの鉢があるならばそれで十分。新たに購入するのであれば、素焼きがおすすめ。空気の通りがよく表面から水が蒸発する素焼きの鉢は、アロエに限らず植物には最高。
楽天で素焼きの鉢を見る

水やり

土が濡れている間は、控えて乾燥してきたら水を与えます。水を与えすぎてしまうと根腐れします。水やりの目安は以下のとおりです。

  • 春・秋…5日に1回程度。雨や曇りの日が続いたときは、間隔をあけるなどして調整します。
  • 夏…毎日が基本ですが、与え過ぎには注意します。
  • 冬…アロエは、ほとんど成長しないので、たまに土の表面をしめらす程度でいい。

肥料

市販の油カスや乾燥鶏粉、牛乳などがよいでしょう。ただし乾燥鶏粉はリン酸が多いので小指の先ぐらいのものを2~3個埋める程度で十分です。最も理想的なのは、家庭の生ごみです。

冬越え

熱帯出身のアロエですが、零下2度ぐらいまでは、耐えることができます。注意したいのが、日中と夜の温度差です。11月に入ったら外から家の中や温室に入れます。
日中は、日の当たる窓際や玄関に鉢を置きます。
春先になったら除々に外に出して日光に当てます。

植え替え

土の酸性化や養分の減少のため、1年に1度は、植え替えが必要です。時期は東京なら3月、北の地方なら4月頃が適切です。

庭植え

アロエは、暑い地方の植物で寒さに弱い性質を持っていますから、関東から北の地方での庭植えは避けます。

植える時期

春先が一番ですが、寒い地方で完全に霜のなくなる5月頃がいいでしょう。湿気の多い梅雨や真夏は避けます。

場所

日当たりのよい南から東側で、冬の寒さを防げる場所を選ぶのがポイントです。

水やり

鉢植えの場合と、同じですが、土自体に調整力があるので、よほど晴天の日が続かない限りは、与えなくも心配いりません。

肥料

4月から10月までは2ヶ月に1回の割合で12月から3月の間は不要です。使う肥料は鉢植えの場合と同様です。

冬越え

温かい地方なら北側に風よけをつければ植えたままで越冬できます。

アロエ湿布の作り方

打ち身、捻挫、肩こりに悩む人は、アロエ湿布を試すと効果的です。アロエが患部を冷却し炎症を抑えます。ただし、冷やしていけない症状の場合は、アロエ風呂などに入るのがいいでしょう。使い方を誤ると症状を悪化させてしまうので注意します。

アロエ湿布の作り方

  1. アロエの葉を丁寧に洗いとげのついたまま下ろし金でおろす。
  2. 1をガーゼや木綿の布に広げて患部に当て、包帯やばんそこうで止める。乾いたら、上からさらにおろし汁をしみこませるか、ガーゼごと取り替える
  3. ここまでが湿布の作り方です。

  4. 1でできたおろし汁に小麦粉を加えて、軟膏状になるまでよく練る
  5. 1をガーゼや布にのばして患部に当て、包帯やばんそこうですり落ちないよう止める。乾いたら新しいものと取り替える。

アロエの蜂蜜漬け

苦みを和らげ効き目を穏やかにしてくれるのが、甘味料です。中でも蜂蜜は、ビタミンやミネラルが含まれる健康食品です。「蜂蜜漬け」にすればアロエと蜂蜜の相互効果が得られます。

適量は?

1日大さじ2~3杯が目安です。お湯や水、炭酸で割ってもおいしく飲めます。

蜂蜜漬けの作り方

  1. アロエの葉(生)3枚、レモン2分の1個、適当な量の蜂蜜を用意。
  2. 葉はとげをとってよく洗い、2~3センチ幅の千切りに。レモンは輪切りにする。
  3. 2のアロエとレモンをふたつき容器に入れ、中身が隠れるぐらいおの量のはちみつを加える。5~6日置けば、できあがりです。

アロエ酒をつくる

ほとんどの食べ物や飲み物が小腸で吸収されるのに対して、アルコールは胃で吸収されます。この特性を活用したのがアロエ酒。身体への効果がよく早くなるのが特徴です。

お酒は、薬という意識から離れるのもよい効果です。特に症状がない場合でも、毎日飲めば風邪をひきにくくなります。またぐっすり眠れる効果もあります。

アロエ酒の作り方

果実酒と同じなので、レモン酒や梅酒などと同様に作るといいでしょう。

  1. 分量は、アルコール度数25度~35度の焼酎1.8リットルに対してアロエの葉、生を500グラムから1kg。氷砂糖200~300g。蜂蜜を使う場合は、カップ1杯程度。
  2. アロエの葉をよく洗い、水気をよくふき取る。とげの部分をスライスする。
  3. 果実酒用の広口びんに氷砂糖を入れ、焼酎を注ぎこみしっかりとふたをする。お好みでレモンを入れてもいい。
  4. 1ヶ月ほど冷暗所に置く。びんの中のアロエが白っぽくなって完全に脱色したら葉を全部取り出して布でこす。こしたアロエ酒を全部びんに戻し、さらに冷暗所で寝かせる。
  5. 2か~3ヶ月でできあがり。

飲み方はは自由、量はしっかり守る

飲み方は普通のお酒と同じです。ストレート、オンザロック、炭酸やお湯割り、ジュース割りなど好きな方法でいいでしょう。
量だけは厳守です。1日におちょこ一杯程度です。たくさん飲めば効果があるものではないのでおちょこ1杯を継続することが大切です。
肝臓が良くない人、糖尿病の人、高血圧の人は厳禁です。

外傷別にアロエの使い方

アロエを使って頭皮をマッサージする方法も紹介していますが、外用としては、むしろ切り傷や虫さされなどの外傷への効果のほうが一般的です。
葉肉に含まれるアロエチンには消炎作用や鎮静作用、殺菌作用があります。葉を切って葉肉のゼリー部分を直接、患部に塗るだけでいいという手軽さ指示されてきた理由でしょう。

ただし、使い方は、外傷の種類によって異なりますので方法を間違えないようにしましょう。

汁液をつける時の注意

まず、切り取ったアロエの葉を念入りに洗うことです。さらに切り口の部分は熱湯をかけて殺菌します。
これは、アロエの葉に雑菌がついていた場合、患部に直接つけるとさらに悪化させてしまうケースがあるためです。

すり傷、切り傷

殺菌力があるのは、葉肉の部分。表皮には、雑菌がついていることもあります。葉を切ったらまず、切り口を熱湯消毒します。その切り口からにじみ出る液汁を患部に塗ります。

やけど

まずは、患部を冷やします。水道などの流水で冷やすのが手軽です。それから、熱湯をくぐらせたアロエの生の葉を輪切りにしl、切断面を患部に当ててガーゼや包帯などで止めます。アロエが乾いたらマメに取り替えるようにします。

虫さされ

腫れたりかぶえれたりした部分に液汁を直接つけます。乾いたらまた塗るという作業を繰り返します。やけどと同様に、葉の切断面を貼っておくのもいいでしょう。

口内のけがや鼻の中などの傷

口内炎や歯槽膿漏をはじめ、鼻、耳など液汁をつけにくい部分にできた傷の場合は、葉肉から液汁を絞り出し、脱脂綿や綿棒などにしみこませて患部に塗ります。

皮膚の弱い人

アロエは、皮膚の弱い人に刺激が強すぎる場合があります。液汁をつけてちくちくするようであれば、葉肉をすり下ろして使います。
すり下ろして、しばらくすると、うわずみ液と沈殿物に分かれるので、うわずみ液は、生の葉よりも刺激が少なく安心して使うことができます。

手軽な煎じ汁とアロエ茶を飲む

さらに飲みやすくしたい人はアロエを煎じてみる方法もあります。おろし汁より効き目が落ちる反面、作用も穏やかです。
体力的に自信のない人や、子供、お年寄りなどには最適です。

どのくらいの量を飲めばいい

1回につきおおさじ1杯程度で、1日に2回~3回服用します。飲みやすいからといって一度に大量に飲むのは厳禁です。
一度に大量に飲むのではなく継続して長く飲むことが大切です。

煎じ汁を大さじ1杯というと、いかにも薬を飲むイメージですが、毎日飲むには負担だという人は、アロエ茶にしてみるといいでしょう。

アロエ茶の適量

1日1回、湯飲み2杯が目安です。これもやはり適量は個人個人異なりますが、自分の適量を見つけましょう。

煎じ汁の作り方

  1. アロエの葉をよく洗い、なるべく薄目にスライスする。
  2. 土鍋かアルマイト鍋に1のアロエがひたひたに隠れる程度の水を加えて煮る。鉄、銅製の鍋は、アロエの成分と化学反応を起こすことがあるので使用しないようにする。
  3. 煮たってくるまでは強火で、その後は弱火で1時間ほど煮詰める。全体の火の量が半分ぐらいになったら火を止め冷やす
  4. ガーゼで完全に搾りきる

保存の場合は、ふたつき容器に入れて冷蔵庫へ。冷蔵なら1週間、冷凍なら1ヶ月くらい。

アロエ茶の作り方

  1. 肉厚の葉をよく洗い水気を切り厚さ2~3ミリの千切りにする。
  2. 輪切りにした葉をざるなどに重ならないように広げて干す。粉末を作るときは、日干しだが、お茶の場合は、陰干し。間違えないように。
  3. 完全に水分がなくなったらできあがり。普通のお茶と同じように茶筒などに入れて保存する。

飲むときは、普通のお茶と同じ方法ですが、アロエ茶を他のお茶と混ぜてもおいしく飲むことができます。

保存も可能な粉末

おろし汁だと効果は期待できますが、保存があまりきかないのが難点です。
自宅にいれば、葉を切り取って使うことも、あるいは冷蔵庫や冷凍庫に保存しておいて飲むこともできますが、外出中は困難となってしまいます。
粉末にしておけば、常温の長期保存も可能となり非常に便利です。
子供であれば、ジュースやお茶に混ぜて飲ませることもできます。

どうやってどのくらいの量を飲めばいい?

1日に飲む量は小さじ1杯程度が目安となります。これおを2~3回に分けて飲むのがいいでしょう。
普通の薬のようにそのまま飲んでもかまいません。オブラートに包んで飲んでもOKです。
お茶に混ぜて飲めばお茶の抗酸化作用との相互作用でさらに効果はアップします。
飲み忘れがある人の場合、お茶葉に混ぜておいてもいいですね。

保存方法

乾いた瓶に入れておけば2~3ヶ月は大丈夫です。旅行に行くときには、1回分ずつオブラートにくるんだうえで、密閉できるファスナー式のビニール袋に入れておけば便利です。
注意する点は、湿気。保存用の瓶や袋に粉末をつくった日付を記入しておけば、古いものを飲んでしまう心配もありません。

飲む以外の粉末の活用方法

粉末にしたアロエの使い道は、服用するだけではありません。入浴の1時間ぐらい前に10~20gを浴槽に入れておけば外用薬としての効果が得られます。腰痛や肩こりにも効果があります。

アロエ粉末の作り方

  1. アロエの葉を切り取ってよく洗い、水気をよく切る。
  2. できるだけ薄くスライスする。
  3. ざるにあげて太陽に当て、しっかり干す。このときにアロエが重ならないようにまんべんなく広げる。天気のいい日を選び丸1日乾燥させる。
  4. 時々裏返しにする、できるだけ風通しのよいところに干すなどの工夫も必要。
  5. 完全に乾いたらすり鉢などで細かくすりつぶしてサラサラの粉末にする。

おろし汁で食べる

アロエは生で食べる方法がいいのはわかっていてもやっぱり味が苦手。という人もいます。少しずつ慣らしていく方法も合わない!という人は、おろし汁にして飲むのがいいでしょう。
皮の部分もすべてすりおろしてしまえば効果も変わりません。

おろし汁の作り方

  1. アロエの葉を切り取ってよく洗い水気をきる。
  2. とげの部分を取り除く。
  3. おろし金でおろす。細かく刻んでミキサーにかけてもいい。

慣れないうちは、おろし汁をコップなどに入れておくとできる、うわずみの部分だけを利用したり、ガーゼなどでこすと使いやすくなります。ゼリー部分のみを使うのもいいでしょう。慣れない人は、蜂蜜や砂糖を加えてもいいです。

おろし汁だと適量は?

生の葉を食べるのと同様で、自分なりの適量を知ることが大切です。目安としては、1日に2回食後におおさじ2杯程度です。
最初は少な目にし、体調と相談しながら量を増やしていくといいでしょう。
1回にたくさん飲むよりも2回に分けて飲む方が吸収がいいので2回くらいにわけるのがおすすめです。

保存は?

基本的には飲むたびに作るのがいいでしょう。アロエは生で食べる方法より手間がかかりますので面倒ですが、まとめて作りたい場合には、冷蔵保存で4~5日が限度です。
常温であれば1~2日です。冷凍保存の場合には、浅い密閉容器にラップしいておろし汁を流し込みふたをします。3~4週間はもちます。
アロエは熱にも強いため少し水を入れて火にかけて解凍しても大丈夫です。

シップとしても使える

アロエがやけどに強い効果を発揮するのは、腫れをしずめ、痛みを和らげるからです。ですから、湿布薬として使えば、打撲やねんざにも効果があります。当然、骨折は効果がないので医師の診断を受けます。
湿布薬にするときは、まずおろし汁を作り、このおろし汁をガーゼにたっぷりしみこませ直接患部に当てるようにします。
ガーゼが乾燥した場合には、取り替えます。
おろし汁に小麦粉を加えると適度な粘りがでます。

やっぱり生は効果的

早い効果を期待するなら生で使う

胃のもたれ、頭痛など、すぐに治したい症状のときにはアロエの葉を生のまま食べるのがいいでしょう。
アロエの有効成分は、直接摂取できる上に食べ方も簡単です。ただし、はじめての人は、アロエ特有の苦みが気になるかもしれません。そんなときは、比較的苦みが少ない葉先の部分から食べて慣らすといいと思います。
少しずつ食べるようにし、アロエの味に慣れていきましょう。

どのくらいの量を食べればいいの?

適量は人によって異なりますが、毎日続けて食べていると適量がわかるようになります。
目安は大人で1日1.5cm程度、小学生ならその半分、幼児ならば5分の1ぐらい。もし、下痢をするようであれば量を減らします。さらにアロエには体を冷やす力が強いので冷え症の人や慢性病がある人、虚弱体質の人は少な目に摂るようにします。
生理中、妊娠中の女性、は生で食べるのは避けます。

保存はできる限り避ける

生で食べる場合には、必要な量だけ切ってそのときに食べるようにします。
どうしても保存したい場合には、ラップやビニール袋、密閉容器などに入れて冷蔵庫で保存します。冷蔵庫で2~2週間ほど持ちます。

アロエを生で食べる方法

大きくて肉の厚い、下のほうの葉から順に使うようにします。

  1. 適当な量を切り取ってきれいに洗う。
  2. とげの部分を包丁でT取る。このときの表皮を削りすぎないように注意する。これが効果を早めるコツ。苦みのある表皮には、有効成分がたくさん含まれる。
  3. よく噛んでゆっくり食べる。

どうも味が苦手だ!という人は

味に慣れながらじっくり効果を得る場合には、表皮は取り、葉肉のゼリー部分から食べ始めるのもひとつの方法です。食べ方は次のようにします。

  1. 丁寧に洗う。
  2. 両側のとげの部分をナイフや包丁で取り除く。
  3. 野菜の皮をむく感じで表皮を取り除く。ゼリー部分はすべるので刃物の扱いを慎重に。
  4. 表皮を下にまな板の上に置く。上から押さえながらゼリー部分と裏側の間に包丁を入れる。