うおのめ」タグアーカイブ

うおのめの治療に使うアロエの使用方法

靴を履いて生活するようになった人間はせっかく快適を手に入れたのにうおのめに悩まされるようになってしまいました。裸足で生活している民族は、うおのめの悩みは皆無です。

サイズが合わない小さめの靴を履き続けるなどすると足の一部分に強い刺激が加わり続けうおのめができてしまいます。きつい靴を履くことが原因で、足の一定の部分に圧迫や刺激を与え続けることで皮膚が角質化し、やがて硬くなります。内部の筋肉を圧迫するうおのめは、悪化すると痛みを伴うようになり、ひどくなると歩くことも困難になってしまいます。

ここまで放置してしまうと外科で切り取るといった処置になります。こうならないうちにアロエで治療をします。アロエのゼリー部分には、炎症を抑える作用だけでなく、水分を保ったり、死んだ細胞を酵素分解により取り除いたり、さらに新しい組織の形成を促進したりする作用もあります。

うおのめを軟らかくして取り去る効果があるのです。

うおのめの治療に使うアロエの使用方法

アロエをよく洗い、熱湯消毒し、ゼリー部分を取り出します。あとは、うおのめに直接貼って、滅菌ガーゼを当て包帯で固定します。
ゼリーは1日に2~3回取り替えます。アロエの絞り汁を付ける人もいますが、ゼリー状の部分を直接肌に貼り付ける方が効果的です。アロエをすりおろし、それを患部に張り付ける場合も効果は同様です。

数日すると、カチカチだったうおのめが軟らかくなってきます。つい手で取ってしまいたくなりますが、絶対にしてはいけません。しばらくすると自然に皮がはがれます。何回かはがれると、うおのめがすっかりなくなり、穴があります。皮がはがれたあともアロエを使います。アロエの新しい組織の形成を促進する力が肉を盛り上げ、あいた穴をふさいでくれます。また再発するようであれば、早い段階でアロエを使うようにすると早く治ります。