乗り物酔い」タグアーカイブ

乗り物酔いの症状に使うアロエの使用方法

耳の奧に平衡感覚をつかさどる器官があります。これが乗り物酔いの揺れに過敏に反応して起こるものが乗り物酔いです。自律神経の敏感なタイプの人に多いといわれていますが、「酔ってしまうのでは?」という不安な気持ちも大きく作用しています。
かといって「絶対に酔わない」と自分に言い聞かせたからといって酔わなくなることは難しいようです。

耳の奧にある平衡感覚をつかさどるところが乗り物の揺れに過敏に反応してしまい、起こります。最初は、なまあくびがでたり、ちょっと気分が悪い程度ですが、症状が悪化してくると、頭痛がしたり、冷や汗、吐き気、ひどい場合には、吐いてしまうなどの症状があらわれます。

市販の乗り物酔い止めの薬は、耳の奧の平衡感覚の働きを鈍くすることで乗り物酔いを予防します。平衡感覚をつかさどる部分は、体調の悪いとき、特に胃腸の働きが弱っているときに出やすい症状です。
乗り物酔いを避けるにはまずは胃腸を整えることが大切です。それから思いこみによる精神的なものもかなり影響するので、乗り物に乗る前に大きく深呼吸するなどして自分の気持ちを落ち着けることも大切です。自分自身で「酔う」という暗示をかけないようにしなくてはなりません。

寝不足や胃腸の調子が悪いときには、特に乗り物酔いしやすいので、アロエを服用することによって体調を整えることも効果がります。
また、精神安定作用もあるので、不安を取り除くことにもつながります。

乗り物酔いの症状に使う場合

普段からアロエを生活に取り入れながら、体調を整えることも大切ですが、乗り物に乗る前に生の葉を3センチほどかじります。生の葉は即効性があるので直前に食べるといいでしょう。
長期の旅行の場合などは、生葉を携行することができないので粉末にしたものや粉末をはちみつなどで練って丸薬状にして持っていくと安心です。

特に生のアロエを手にいれることが難しいという人は、無農薬、有機肥料栽培された良品活新鮮キダチアロエが原料の健康飲料などを飲むといいでしょう。
有機肥料栽培の新鮮なアロエの原液100%「キダチアロエピュア100」
などがおすすめです。防腐剤、甘味料、着色料などの添加物は一切使われていないため安心して飲むことができます。
乗り物に乗る前に飲むといいでしょう。
〔飲み方〕
原液では、成人で一日15~60ml(添付キャップ1杯約30ml)を目安として飲みます。個人差がありますので、初めは少量ずつ試しご自分の適量を見つけます。水で3~5倍に薄めてはちみつを加えると一層美味しく飲めます。