十二指腸潰瘍」タグアーカイブ

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状に使うアロエの使用方法

胃に関連する病気は、精神的ストレスが大きな要因となるケースが多いのですが、胃潰瘍も例外ではありません。職場で責任ある地位についてストレスの多くなる代から50代の男性がかかる例が多くみられます。また、定年退職が近づく50歳~60歳代にも同様にみられます。

以前ではほとんど症例のなかった小中学生にも見られます。勉強などのストレスが原因となっているようです。

「胃潰瘍」という症状は、胃の粘膜がただれて崩れた状態のことをいいます。普通、胃や十二指腸の表面は、粘膜によって保護されているのですが、粘膜液細胞に穴があくと食べた物だけでなく、胃や十二指腸そのものまで消化するようになっています。こうして起こる症状が潰瘍というわけです。

空腹時に、みぞおちにさし込むような痛みを感じたら、潰瘍の疑いがありますので、すぐに病院へ行くようにします。放っておくと、常に痛みを感じるようになり、痛みはやがて胸や背中にまで広がり、吐血や下血もみられるようになってしまいます。

アロエには、抗潰瘍作用を持つアロエウルシンが含まれています。やけどをしたらアロエは割と周知されていますが、胃潰瘍や十二指腸にも同様に効果があります。
内側の粘膜を保護して刺激や痛みを和らげてくれます。

どんな方法でもいいので、「あやしいな」と感じたらすぐにアロエを食べるようにするといいでしょう。思い過ごしでも副作用があるわけではないのでアロエを食べるようにするといいでしょう。胃とは別の不快症状が消滅する場合もあります。

お酒やたばこの量が多い人は、刺激により粘膜細胞に穴があきやすいのでアロエで労るといいでしょう。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状に使うアロエの使用方法

アロエウルシンは、熱や酸にも強いので、食べ方はどんな食べ方でもいいでしょう。
また、苦みとは関係がないので、服用の仕方はどんな方法を選んでもよいでしょう。大人であれば、飲みやすいアロエ酒、アロエ茶など工夫してみるといいでしょう。
ただし、皮の部分には、胃液の分泌を盛んにする働きがあるので、潰瘍の疑いがある場合は、避けます。できれば、キダチアロエより、ゼリー部分の多いアロエベラがおすすめです。

少しでも早く効果を得たいのであれば、生の葉をそのまま食べるといいでしょう。アロエのゼリー部分を15gぐらい、1日に2回ぐらいに分けて食べます。

生で食べるのは抵抗があるという場合には、ジュースに混ぜたり、アロエ酒やアロエ茶にして飲むといいです。

胃潰瘍などはストレスが主な原因になる場合が多いので、アロエを使うことも大事ですが、私生活を見直すことも大切です。
週末にアロエ風呂などに入ることもリラックスのよい効果があるかもしれません。
また、睡眠はストレスに対して非常に重要な役割を担っているので、睡眠前にクラシック音楽などを聞いてリラックスするといいでしょう。

生のアロエが手に入りにくい場合は、無添加のアロエを使うといいでしょう。