肩こり」タグアーカイブ

肩こりの治療に使うアロエの使用方法

パソコンや携帯電話の普及により肩こりの症状はひどくなる一方です。長い時間、画面を見続けることで目の疲れが激しいうえに、長時間無理な姿勢を続けるために頭と腕の重さが肩にかかり、血流を悪くしているのです。同じ姿勢をとりつづけることもさらに肩こりを悪化させてしまいます。

アロエには、目の疲れに効果を発揮するビタミンC、E、Kなどが豊富に含まれ、消炎作用や血液の循環を高める作用もあります。眼精疲労と血行不良の両方を高める作用もあります。

また、肩こりには内臓疾患によるものもあります。アロエには、胃腸の働きを活発にする効果もあるので、内服によって解消できる可能性は十分にあります。
内臓疾患というのは、さまざまですので肩こりのひどい人は医師に相談することも忘れてはなりません。

肩こりの治療に使うアロエの使用方法

内服する場合は、生の葉を切り取ってよく洗い、とげの部分を取って食べるのが一番効果を期待できます。
苦みが気になる人は、料理やジュースなどに混ぜて飲むといいでしょう。
使い方はたくさんありますが、大切なことは、適量をきちんと守ることです。便が軟便気味になったり下痢をしてしまうようであればもう少し量を減らしましょう。

湿布にする場合は、生の葉をきれいに洗ってすりおろし、布などにしみこませる方法が簡単です。温湿布にする場合は、すりおろしたものに水を少々加えて火にかけましょう。
人肌程度になったところで火をとめて数枚重ねたガーゼなどに含ませて使います。

肩こりには、高血圧からくるもの、心疾患からくるもの、神経系統からくるものなどがありますが、これらの場合は、もとの病気を治療しなくては肩こりは治りません。
症状を一時的に抑えるだけでよければアロエでも効果がありますので試してみるといいでしょう。