アトピー性皮膚炎の治療に使うアロエの使用方法

アトピー性皮膚炎は花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患のうち、最も遺伝的要素をもつものだという見解が最近の説です。そのほかにも、マンションのハウスダスト、ダニ、など多種多様な原因が言われています。
治療は、ステロイドを使用した薬が中心ですが、いったんよくなってもまた、同じ症状がでてくるので根治が難しい皮膚症状です。ひどくなったり、少し落ち着いたり、ひどくなったりと症状が一定でなくそのたびに一喜一憂して本人はストレスが貯まります。

アトピー性皮膚炎 薬を使わない食事療法(病気・症状別)

アトピー性皮膚炎に悩まされている子供を持つ親は、本当に困っています。少しでも症状を軽くしてあげたいとの思いから牛乳などの動物性たんぱく質を一切摂取しなかったり、ということをしている人もいるようです。

症状の改善には、限度があり、何より育ちざかりの子供の栄養を考えるとそれも不安ではあります。悩むぬいた結果、アロエがアトピーに効くという情報をつかんだ人もいます。
はっきりした理由はわかっていませんが、

  • 胃腸を保護する作用を持つアロエで消化がスムーズに進み、肝臓の解毒作用を助ける
  • 免疫細胞の働きを活発にし、再発を防ぐ

などです。

アトピー性皮膚炎の治療に使うアロエの使用方法

アロエの葉を切り取り、ゼリー部分をおろし金やミキサーなどですりおろし飲みます。そのまま飲んでもかまいませんが、苦みが気になる場合は、水やyふで割ったり、レモン、蜂蜜などを加えても飲みやすくなります。子供であれば、果物の野菜ジュースにおろし汁を入れるのもいいでしょう。飲み過ぎは禁物ですので、おおさじ2杯を食後2~3回にわけて飲むようにします。

原液を飲む場合には、無添加の質のいいものを選ぶようにします。アロエジュースのようなものだと砂糖が含まれていたりして逆効果になることもあるので注意しましょう。100%絞り汁を選ぶことがポイントです。

アトピーの場合、アロエでの治療と並行してスキンケアにもアトピー専用のケアを実施するとより効果的です。
アトピー用のスキンケア商品と使用感はこちらです。外側からのスキンケアで完治した人もいますので、皮膚の自然治癒力をあげるような努力も一定の効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください