膀胱炎の症状に使うアロエの使用方法

膀胱炎とは

膀胱炎とは、尿道を通って膀胱に入った大腸菌などの細菌が、膀胱の粘膜に炎症を起こさせる病気です。

膀胱炎を引き起こす細菌は、大腸や直腸などに棲んでいる腸内細菌が大部分ですが、肛門やその周囲にも細菌は存在しています。
これが女性に多いのは、男性に比べて尿道が短いために細菌が侵入しやすいからです。

冷えや尿道の我慢などが原因で、膀胱炎にかかると、尿が濁る、尿意を不自然なほど頻繁にもよおす、残尿感があるなどの症状があらわれます。
ひどくなると、排尿時に痛みを感じるようになりますので、放っておかないで装置に治療を行います。

膀胱炎の症状

  • 膀胱の粘膜がはがれたりして尿が白濁します。
  • 菌に膀胱粘膜が傷つけられて、目で見て分かるほどの血尿が出ることもあります。(血尿)
  • 尿意を催しトイレに行く回数が増加します。症状の強い時は、10分前後でトイレに行くことも少なくありません。 1回の尿量は少なく、 排尿後もまだ残ってる感じ(残尿感)もあらわれます。(頻尿)
  • 炎症を起こした膀胱が、排尿により急激に縮まり刺激されるために痛みがあらわれます。(排尿痛)

アロエの膀胱炎に対する効能、効果

アロエには、膀胱炎によい効果をもたらす、ふたつの作用があります。ひとつが利尿作用です。アロエを飲むことで、自然に尿量が増えます。
もうひとつが、アロエチンという成分による毒素の中和作用です。原因となっている、細菌の繁殖を押さえて炎症を軽減してくれます。

ただし、膀胱炎は、腎盂腎炎や膀胱結石などほかの病気が原因となっている場合もあるので、必ず医師の診断を受けます。

膀胱炎の症状に使うアロエの使用方法

痛みがひどいときは、生の葉を食べます。苦みで食べにくい場合は、ゼリー部分だけを食べます。

腎臓の働きを活発にするためには、水分補給が大切です。生の葉に比べて即効性は少なくなりますが、アロエ茶やアロエジュースを飲んでも効果が得られます。

むくみがあるようでしたらアロエのゼリー部分を足の裏に当てて、油紙で押さえて、絆創膏や包帯で固定して眠ります。これでむくみが解消されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください