アロエの症状別使用方法」カテゴリーアーカイブ

口臭 アロエ で症状を改善する方法

口臭 アロエ で症状を改善する方法です。人と話していて、顔の距離が近いとき、相手の口臭が気になったこと、または自分の口臭が心配になったことは、多くの人が経験していることでしょう。アロエに含まれているアロエチンという成分が口腔を殺菌し、消化器系の粘膜の炎症を抑えます。アロエウルシンは、潰瘍を抑えるのに有効です。アロインやアロエエモジンは、胃を健やかに保ったり、体内の毒素を体外へ排泄するはたらきがあります。

アロエ 口臭

アロエ 口臭

口臭の原因として多いのは、歯肉炎や歯周炎などの歯周病や舌苔(ぜったい)です。虫歯があったり歯ぐきに病気があったりすると、口臭があらわれます。舌苔というのは舌の表面に白っぽく見えるもので、歯の表面に付着する歯垢(しこう)と同じように、舌に付着する苔(こけ)状の細菌のかたまりです。舌苔からは硫化水素などが産生され、やはり口臭となります。こうした口臭のおもな原因物質は、揮発性の硫黄化合物です。

また、これらだけでなく、鼻やのどなど呼吸器系の病気があったり、糖尿病、腎臓や肝臓などの内臓の病気があったりする場合にも呼気を通しての口臭があります。

そして、唾液が減少することでも口臭が発生します。唾液には、細菌の増殖を抑えて口の中を洗浄する作用や、口の中の粘膜を保護する作用などがあります。唾液は口臭予防に大切なものだということを覚えておきましょう。唾液の分泌が少なくなると、口の中が不潔になって虫歯や歯槽膿漏になったり、口の中が乾燥して口臭が強くなったりします。

ストレスがかかったときや緊張したときに口が臭くなるのは、唾液の量が減って口の中が乾くからです。生理的な口臭はほかにもあって、朝起きたときやお腹が空いたときには、特に口臭が強くなります。

このように、さまざまなことが原因となって発生する口臭ですが、実はけっこう厄介なのです。それは、口臭は自分では気づきにくく、なかなか改善に至らないからです。気にする人が多い一方で、強い臭いに無自覚な人も多いといわれています。

口臭 アロエ 使用法

アロエに含まれているアロエチンという成分が口腔を殺菌し、消化器系の粘膜の炎症を抑えます。アロエウルシンは、潰瘍を抑えるのに有効です。アロインやアロエエモジンは、胃を健やかに保ったり、体内の毒素を体外へ排泄するはたらきがあります。

口腔の殺菌には、口内炎と同じように3~4センチメートルの葉をすりおろしたアロエを水で4~5倍に薄め、口の中の炎症を起こした部分に当たるように含み、しばらくしたらそれを飲み込みます。

内臓のはたらきを良くしたり、体に抵抗力をつけるためには、アロエの服用が欠かせませんが、これは普段からおこなっていることが大切なので、アロエのジュースやお茶 原液 を日常的に用いるようにしましょう。

アロエの症状別使用方法

更年期障害 アロエ で症状を改善する方法

更年期障害 アロエ で症状を改善する方法です。私たちの体は、ホルモンの影響を受け、一生のうちに何度か大きく変化します。

更年期 症状

女性は40歳を過ぎると、卵巣の機能が徐々に低下していきます。卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつのエストロゲンが減少し、排卵がなくなり、そのうちに月経が止まります。この、女性ホルモンの分泌が急激に低下し、成熟期から老年期に移行する期間を「更年期」といいます。

女性の多くが50歳前後で閉経を迎えることから、閉経を中心とした前後のおよそ10年間が更年期と呼ばれます。個人差はありますが、ホルモンのバランスが乱れるとそれが原因でさまざまな不快な症状があらわれます。自律神経の調節が乱れるので、症状は自律神経失調症と似ていて、精神的に不安定になります。

具体的な症状としては、のぼせ、ほてり、冷え、めまい、だるさ、むくみ、肩こり、腰痛、関節痛、口の渇き、発汗、手足のしびれ、耳鳴り、動悸、息切れ、頭痛など、身体的なもののほか、怒りっぽくなったり、急にふさぎ込んだりと気分の上下が激しくなって、精神的なものもあらわれます。さまざまな問題から、不眠にもなります。

その人の性格や抱えているストレスなど精神的なものに大きく左右されやすいのが更年期障害の特徴です。さまざまな症状があっても、日によって違う症状があらわれたり、いくつもの症状が重なってあらわれることもあります。

肉体的にも精神的にも変化を迎える時期なので、少しでも負担が減らせるように、更年期障害に対してのセルフケアを考えてみましょう。
自律神経が安定するよう、ウォーキングや水泳などの有酸素運動をして体のバランスを整えたり、趣味を楽しんだり気分転換やストレス解消をして心のバランスを整えるのがおすすめです。

更年期障害 症状に使う アロエ 使用法

アロエには、血液の流れを良くしたり、神経を鎮静してはたらきを調和させる成分が含まれています。

生の葉やしぼり汁を常用することで、さまざまな不快な症状を軽減します。アロエ風呂アロエ酒も有効で、血の巡りを良くして神経のはたらきを整えます。

アロエの症状別使用方法

下痢 アロエ で症状を改善する方法

下痢 アロエ で症状を改善する方法です。外形をとどめない便が一日に何回か出る場合を下痢といいます。下痢の便の状態は、軟便から水様便まであります。

下痢 アロエ

下痢 アロエ

下痢には急性のものと慢性のものがあるのですが、急性で腹痛や吐き気、発熱を伴っているときには、食中毒を起こしている疑いがあります。激しい症状があるので、この場合には医師の診察が早急に必要です。

慢性の下痢は、おもに腸の異常が原因となって起こります。慢性腸炎や腸の機能低下のほか、急激な水分の過多やアルコールの飲み過ぎといった不摂生による体力の低下などが原因になることがあります。

そして、緊張を強く感じたときや日常のストレスからくる慢性的な下痢もあります。

慢性の場合、特別に強い症状は伴いませんが、腰にだるさを感じたり、不快感があったり、腹痛が起こることもあります。急性で食中毒による下痢の場合は、腸内の毒素を急速に排除しようと生理的に作用します。ですから、勝手に下痢止めの薬などを服用してはなりません。先でも触れましたが、早急に医師の診察を受け、指示に従いましょう。

下痢 症状アロエ 使用法

下痢に対してアロエを用いるには、注意が必要です。アロエがもっている健胃整腸作用を利用して、下痢体質の改善を目的に用います。

穏やかに効く粉末タイプまたは錠剤タイプを常用しましょう。
アロエの症状別使用方法

便秘に悩む場合のアロエの使用法はこちら。