アロエの症状別使用方法」カテゴリーアーカイブ

ぜんそくの症状に使うアロエの使用方法

ぜんそくの発作は、症状を経験した人でないと本当の苦しさはわかりません。気管支が狭くなって「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」と本当に苦しそうな呼吸になります。
さらに夜中に発作を起こすことが多いため、寝不足にもなり、身体が弱ってきてしまいます。
そして何より不安なのが原因がわかっていないことです。

現代では、アレルギー性のものと精神的ストレスに基づく心因性のものとに大別されます。実際には、複数の要因と複雑にからみあって症状が起きることが多く原因の診断も大切ですが、まず症状を抑えることが優先されます。

原因がわからない以上、アロエがぜんそくに効果があるといいってもその理由ははっきりしません。考えられるのは、殺菌作用や毒素を中和する作用をもつアロエチンの効果と思われます。
気管支の粘膜を殺菌すると同時に、細菌の繁殖や感染を防いでくれるのではないか?ということです。また、自律神経の働きを調節する力が、体質を改善することや外からの刺激を少なくして発作を軽くしている効果もあるかもしれません。
いずれにしても即効性を期待せずに、少しずつ服用して使用するといいでしょう。
長期にわたり連用することで体質を改善し症状を抑えていくという考え方です。アロエには精神を安定させる作用もあるので、発作を抑えられなくても除々に軽減していくことで効果を体感することができます。

ぜんそくの症状に使うアロエの使用方法

生の葉をよく洗ってとげを取ります。後は、そのまま食べても、しぼり汁を飲んでもかまいません。ぜんそくでは、気管支がけいれんをして、たんがつまってしまうので、症状がひどいときは、しぼり汁をジュースに入れるなど、水分と一緒に服用するほうが飲みやすいかもしれません。子供の場合、苦みをとるためにはちみつなどに混ぜると飲みやすくなります。
アロエの苦みでどうしても飲めないというのであれば、料理に取り入れるといいでしょう。

あかぎれ・しもやけの症状に使うアロエの使用方法

ひびやあかぎれが、なぜ冬に起こりやすいかというと、寒さで皮膚の脂肪分が不足しがちになるからです。水仕事などをしていて脂肪膜をさらに失い、皮膚に裂け目ができ状態をひび割れやあかぎれといいます。

こんな症状には、アロエの消炎作用や細胞組織を盛り上げる収れん作用などが効果的です。ですが、傷などに使うときのような即効性は期待しないようにjします。
むしろ、寒くなる前から液汁をすり込むなどして、予防に重点を置くようにします。

また、しもやけは、急激な温度の低下により血行が悪くなって起こるものです。アロエには血液の流れをよくする作用があるので、効果はありますが、ひびやあかぎれは、同様に寒くなる前から予防的に重点を置いて使います。

入浴時に手足をマッサージしたり、手足を手袋、靴下などで保護することも大切です。

あかぎれ・しもやけの症状に使うアロエの使用方法

予防としては、アロエ風呂が効果的です。まず、アロエの葉1枚を切り取り、とげを落として念入りに洗い、5ミリ程度の幅にきざみます。
それを適当な大きさの布袋に入れて口をしばり、浴槽に入れます。
できれば水の段階で入れ、一緒に湧かすとより効果があります。

入浴の際には、風呂の中で袋をもみほぐし、アロエ汁の絞り出します。刺激が強すぎると感じたら風呂からあがる前にシャワーでアロエの成分を洗い流します。

しっしんの症状に使うアロエの使用方法

ひとくちにしっしんといっても、洗剤や化粧品、ゴム製品やウール、合成繊維などの外的要因によるものと、内臓疾患によるものなどの2種類があります。

まずは原因をしっかり突き止めることが大切です。

外的要因の場合、原因となる物質に触れると、肌がかゆくなったり赤くなったりします。ひどくなると小さい水疱ができ、それがつぶれて膿みのようなものが出てきます。放っておくと慢性化する場合もあるのできちんと治しておきたいところです。

アロエに含まれる、アロエマンナンやアロエチンは、殺菌作用、消炎作用があり、皮膚や最近組織を守る働きをします。

また、湿疹はアレルギー体質とも関連していて体質改善も必要になりますが、ここでもアロエが効果を発揮します。

しっしんの症状に使うアロエの使用方法

使い方はとても簡単です。アロエのゼリー部分を直接患部に塗るだけです。
ひどい場合は、ゼリー部分を患部に塗った後に、上からラップなどで密閉します。これをマメに貼り替えることで早期に治すことができます。

内服する場合は、アロエの葉を生のままかじるほか、アロエ茶、アロエ酒、または料理に使うなど好みの方法でとります。

冷え症の症状に使うアロエの使用方法

日本の女性には冷え性が多く、冷え症でないとわからないツライ症状を抱えています。夏でも手足が冷えてしまい、困っている人が多くいます。

現代社会には冷え症になる原因がたくさんあります。特に問題なのは、夏です。薄着になり素足にサンダルで出かけ、さらに冷房を低い温度でがんがん使うような生活はどうしても冷え症になってしまいます。

冬は布団に入っても眠れない、すぐに下痢をする、月経痛がひどいなどの症状がある人は冷え症です。

冷え症は直接生命に及ぼす病気でないために、放っておく人が多く様々な病気の原因になる場合もあります。子宮ガン、心筋梗塞なども冷え症が原因になることもあります。

冷え症になる原因は、自律神経が乱れて血管が収縮するためです。体質を改善して自律神経を正常に戻すことが大切です。
アロエを毎日食べながら少しずつ体質改善を図ると不快な症状も少しずつ消失していきます。
冷え症の原因についてはこちらに詳しく書かれています

冷え症の症状に使うアロエの使用方法

冷え症の人は、量を少な目に、おだやかに作用する方法を選ぶことが大切です。ですから、生の葉をそのまま食べるなどの方法は避けます。アロエは加熱すると、作用がおだやかになります。アロエの葉をすりおろし、果汁に加えて温め、ホットジュースにする、熱いお茶にアロエをすりおろしたものを少量加えるなどの方法が最適です。
甘味料も薬効を穏やかにするため、アロエを蜂蜜漬けなどにするもの効果的です。

便秘の症状に使うアロエの使用方法

年代問わず、便秘に悩む人は多く特に若い女性は苦痛だけでなく、肌が荒れたり、お腹がぽっこりふくらんだりと非常に気になるところです。すぐに命にかかわるような重大な症状でないせいか、軽く考えたり、安易に便秘薬を飲んだり、浣腸をしてすませてしまう人が多いのですが、これはよくありません。

便秘には大きく分けて二つの原因があります。1つは、大腸の働きが弱っているために起こる弛緩性のもので、大腸の働きが弱っているために起こります。腸が弛緩するために排便が困難になります。これは内臓が下に下がってしまっている人に起こりやすい症状です。

二つ目は、緊張して腸にけいれんが起こり便通を悪くするけいれん性のものです。便が腸を通過しにくくなり、ころころとした便になってしまいます。こちらは精神的ストレスによるものが多くリラックスが必要です。

便秘の原因については、さまざまな原因があり個人ごとに複雑なケースが多いですが、専門サイトが詳しく解説していますので参照ください。
便秘になる原因は?

いずれにしても腸の機能が低下していることには変わりありません。この腸の機能を活発に戻すことが解決のポイントです。アロエには、大腸内の水分を増やして腸の動きを活発にするアロイン、アロエモジンなどが含まれています。毎日飲み続けることで除々に定期的な便が排出されるようになります。

便秘の症状に使うアロエの使用方法

最も有効な方法は、アロエの生の葉をすりおろして飲むことです。生の葉を切り取って丁寧に洗い、とげを取った上でおろし金ですりおろすだけでできあがりです。
これを朝晩2回、大さじ1杯ずつ飲みます。効果が出ない場合は、3食後に飲むように3回に増やします。それでも効果がでないようであれば1回に飲む量を増やします。

逆に効果が強すぎて、下痢をしてしまう場合には、次回からすったものをしばらく置いておきます。しばらくするとうわずみ液がでてくるので今度は、これを飲むようにします。どうしても苦みが苦手な場合は、水やお湯で薄めて飲んでもいいでしょう。
効果が弱くなるのでできるだけ砂糖やシロップなどの甘味料は避けます。

生のアロエを用意・準備するのが困難

生のアロエを用意するのが面倒な場合は、無添加のアロエ原液がおすすめです。→キダチアロエ原液100

本品は、アロエの本場、静岡県の伊豆で栽培された、キダチアロエを朝一番に摘み取ったもののみ使用した、100%アロエ原液です。
保存料・添加物一切なしで国産ですので安心です。
アロエをキャッチコピーに使った健康食品が多い中、こうした「ホンモノ」は数少ないのが現状でもあります。

アロエの服用をつづけるのと同時に繊維の多い野菜類、海草類、豆類などを普段からたくさん摂取するように生活習慣を見直していきましょう。

アロエは、効果を発揮する際、量が個人個人でかなり差がでるので、最初は、説明通りに飲んでみて、もし効きすぎて下痢をしてしまうようであれば、量を減量、効果が出ないようであれば増量するように調節します。基本的に食品ですから安心して飲めるのも試しやすい理由のひとつです。

二日酔いの症状に使うアロエの使用方法

誰でも経験のある二日酔いの原因は、アセトアルデヒドという毒性の物質です。普段は分解されてしまうですが、前日に飲んだ量がまだ分解しきれずに翌朝まで残ってしまう状態が二日酔いです。簡単に言うと急性の肝臓病といえます。肝臓で分解しきれなかったアルコールがそのまま他の器官に回ってしまい一種の中毒症状が起きている状態です。症状は、頭痛、めまい、胃のむかつきなどになります。

お酒のみ人の二日酔い解消法は、迎え酒、朝風呂、梅干しに熱いお茶、レモン水…と自分流のやり方で対応している人も少なくありません。

アルコールは、当然ながら、分泌を早めれば二日酔いも早くおさまるわけです。アロエに含まれるアロインやアロエエモジンなどの苦み成分がその役割を果たします。肝臓にかかっている過度の負担を和らげることからはじめます。アロエには解毒作用があるので、低下している肝臓の機能を再び戻すことが出来ます。

また、二日酔いするまで飲んだということは、食べ過ぎによることが原因で胃腸も弱っているということですから、アロエの苦みの成分が胃の粘膜に刺激を与えて、胃液の分泌を活発にします。胃の粘膜がただれるほど、飲み過ぎ、食べ過ぎている場合には、アロエウルシンが効果的です。さらにアロエの神経鎮静成分が気分を和らげてくれます。

二日酔いの症状に使うアロエの使用方法

生のまま食べる、おろし汁にするなど、アロエのとりかたは好みで結構ですが、取りやすい方法を紹介します。

  1. 大根おろしにアロエを3cmぐらいすりおろし、混ぜて食べる
  2. アロエと緑黄色野菜をミキサーにかけてジュースにして飲む。蜂蜜などを加えてもいい。
  3. お茶に同じ程度の量のアロエを加えて飲む。

など、各自の工夫しだいでよいのですが、ミキサーにかけて野菜ジュースにしてはちみつを加えるなどすると爽やかに飲むことができます。
このとき、少量のレモンを入れるとさらに飲みやすくなります。

肝臓病の症状に使うアロエの使用方法

お酒が好きな人、毎晩飲む人はどうしても肝臓が気になります。しかし、肝臓がどれほど重要で大切な臓器かは意外と知らないものです。
肝臓の病気は、急性・慢性肝炎、血清肝炎、肝硬変、胆石、胆嚢炎などがあります。
急性・慢性の肝炎は、暴飲暴食や有害物質を取り込んだ肝臓に過度の負担を強いられるような場合に起こる場合が多く、血清肝炎は、輸血によってウィルス感染して起こるものです。
これらの肝炎は放っておく、あるいは、気づかないでいると、肝臓の一部が硬くなる肝硬変へと悪化します。

肝臓は人間の臓器の中で最大の分泌器官です。そして、腸の脂肪消化を助ける胆汁酸などを含む胆汁を作ったり、余分な炭水化物をエネルギー貯蔵物質、グリコーゲンに買えるなど、とても大切な働きをしています。

肝臓の病気には、前述したように急性、、慢性の肝炎、肝硬変、脂肪肝などがあります。では、酒飲みはみんなこうした病気になるのか?というと、そうではありません。
ウィルスによるものが一番多いのです。ということは、お酒を飲まない人であっても注意しなくてはならないということになるのです。
肝臓が悪化すると、吐き気、腹痛、食欲不振といった症状があらわれます。まずは病院を受診してしっかり診てもらわなくてはなりません。吐き気、腹痛、食欲不振などの症状があらわれたら、肝炎を疑うことも大切です。
アロエの成分中、この肝臓の働きを助けるのはアロエチンで、その解毒作用が炎症を鎮めてくれます。アロエの持つ便秘解消効果も肝臓の負担を軽減するために役立っています。体から取り入れられた有害物質を分解し、無害なものに変える効果も期待できます。
アロエの解毒作用は肝臓の働きを助ける役割もあります。また、アロエの新陳代謝を活発にし血行を改善するので肝臓が悪くなっても回復を早めることができます。

肝臓病の症状に使うアロエの使用方法

生の葉でなくてもかまいません。絞り汁や煎じ汁、市販されているアロエジュースなどでもかまいませんのでアルコールの摂取過多による脂肪肝などを防ぎます。アロエ酒は控えるようにします。

リウマチの症状に使うアロエの使用方法

筋肉や関節に痛みと炎症が頻繁に起こり、それが角の各部に移っていくように感じられる物はすべてリウマチとして診断されました。

現在では、リウマチ熱、慢性関節リウマチをさすことが多くなっています。

この病気になると、軟骨や骨の周辺が炎症によっておかされるため激痛が走り、ひどくなると関節が変形して動かなくなってしまいます。
リウマチに悩む人は多いにもかかわらず原因が解明されていないために、これといった治療法がありません。

アロエが効くとも言い切れないのですが、アロエの服用によって症状が軽くなった報告もあります。アロエの成分中の炎症を抑制する力が少なくとも関節の痛みや炎症を緩和することができるからです。

アロエを使った体質改善効果が悪い方に向かうことはありません。

リウマチの症状に使うアロエの使用方法

アロエの成分に抗炎症作用があるといってもそれだけでリウマチが治せるわけではありません。
ほかの成分も相乗的によい影響を及ぼすことで効果が期待できます。
下痢をしない程度に、毎日好きな方法で表皮も葉肉も服用するようにします。

なお、痛みや炎症を和らげる作用は、アロエベラが特に強いというデータがあります。

低血圧の症状に使うアロエの使用方法

最高血圧100ミリ以下、最低血圧60~50ミリ以下が低血圧とされています。低血圧には、二次性低血圧症といって内分泌の病気で貧血などによる低血圧もありますが、症状が改善されると、ふつう、血圧は正常値に戻ります。

そして、一般に低血圧症と呼ばれる本態性低血圧の原因は、いまのところ、はっきりとは解明されていません。この本態性低血圧は体質性低血圧とも呼ばれ、病気ではなく、遺伝的な因子が強いと考えられます。

高血圧と違って、朝起きられない、午前中はだるくて調子が出ない、長く物事を続けられない、などの症状はあるものの、命の危険があるわけではないので、あまり深刻に受け止めていない人がほとんどのようです。こういった症状は、ときには「だらけている」などと非難の対象になってしまうこともあります。しかし、本人にとっては辛く、だらけているわけではないのです。

そのほかにも、自覚症状として、めまいや耳鳴り、動悸、息切れ、肩こり、食欲不振、胃もたれ、便秘、手足の冷えなど、さまざまな症状があります。

低血圧の人は、虚弱体質で内臓が弱いやせ型タイプが多く、胃下垂を伴うことが多くあります。こういう人は、体質改善をすることが大切です。

アロエには、細胞の機能を活発にして血管を丈夫にする効果がありますし、ビタミンも豊富に含まれているので体質改善にはもってこいです。また、アロエに含まれるアロチミンという成分には、貧血の原因になる溶血作用を改善するはたらきがあります。

低血圧の症状に使うアロエの使用方法

低血圧の人は胃腸の弱い人が多いので、いきなり生の葉を食べたり、量を取りすぎてしまったりすると逆に体調を崩してしまいます。

料理に取り入れたり、ゼリー部分だけ食べるなど、刺激を緩和する工夫が必要です。眠る前におちょこ一杯のアロエ酒も効果的です。アロエ風呂に入る場合は、多少温度を高めにするといいでしょう。

高血圧の症状に使うアロエの使用方法

日本人の死因で多いものに、心臓病と脳卒中があります。その双方に深い関わりのあるのが高血圧です。最高血圧が160ミリ以上、最低血圧が95ミリ以上ある場合を高血圧としています。これに近い数字の人は、今から食生活を見直す必要があります。
減塩に取り組む場合はこちらのサイトが参考になります。
当然、禁煙などにも取り組んだ方がいいでしょう。生活習慣の改善もかなり効果を発揮するようですのでまずは、決意してはじめてみるといいでしょう。

高血圧はどうしても更年期以降にかかるケースがほとんどで、女性の場合は、更年期とともに血圧が高くなる場合が多いのです。男女問わず、中年といわれる年齢に近くなったら血圧の変化に注意したほうがいいでしょう。
高血圧は、食塩の過剰摂取、コレステロールを増加させるような食生活により、血管がかたくなり起こる病気です。加齢とともに運動不足も深刻になるのが日本人の特徴です。

また、血圧は、測定時期、時間によって大きく変動するので高血圧と診断されたらまずは血圧計を購入して1日に3回程度(起床時、朝食後、夕食後)測定するクセをつけます。当然、過労、精神的ストレスによっても血圧は上昇するので注意します。
血管がかたくなると、血流に障害がおきて心臓に負担がかかり、動悸、息切れ、肩こり、手足のむくみ、不眠、頭痛、耳鳴り、めまいといった症状もでます。老人期にさしかかると、ぼけや性格の変化なども脳への血行障害が原因となり起こることが確認されています。

高血圧には、心臓肥大、心不全、心筋梗塞といった命にかかわる病気にもかかりやすくなります。脳出血、脳梗塞といった病気も高血圧が原因や引き金になります。

アロエには、血管をやわらかくする作用があるので、血圧が高いと診断された人は是非試してみるといいでしょう。これは、アロエのアロインという成分の働きで、血管を柔軟にして血圧を下げる効果があります。血管内の余分なコレステロールも排出してくれるので、血液の流れもスムーズになります。

高血圧の症状に使うアロエの使用方法

アロインは表皮の部分にあるので、生の葉をよく洗ってとげを取り、表皮ごと食べるようにします。

または、おろし汁(アロエのおろし汁の作り方はこちらを)を飲むようにします。
量の目安は、1日に15g程度です。これを2回に分けて飲むのが適量です。飲みにくい人の場合は、ジュースにしたり、蜂蜜を加えるといいです。生のままをかじるのが一番ですが、苦みが苦手な人はひと工夫するといいでしょう。
アロエ100%原液などもおすすめです。

また、低い温度のアロエ風呂にゆっくりつかると身体も心もリラックスします。みぞおちまでのお湯の量にして半身浴を行うと心臓への負担も最小限にすることができるのでおすすめです。