アロエの症状別使用方法」カテゴリーアーカイブ

口内炎 アロエ で症状を改善する方法

口内炎 アロエ で症状を改善する方法です。口内炎は、口の中の粘膜が炎症を起こしている状態をいいますが、小さなできもの程度であれば、少し痛んだり、しみたりします。

なんとなく気になる程度のものですが、ひどくなると何も食べられません。空腹なのに食べられない苦しみはかなりつらいものです。
また、食べる際に物が口内炎にあたってしまったり、しみたりして不快な状態が続くのも大変にストレスです。

口内炎」とひとくくりに呼ばれていますが、軽度なものから重度なものまで、多種多様な症状があります。
食事がしみやすいものの痛みがあまり強くなく、粘膜に赤い腫れやところどころにポツポツと斑点や浮腫ができるのは、比較的軽い口内炎です。
非常に多いのが、アフタ性口内炎と呼ばれる症状。白か黄色の膜で覆われた米粒くらいの潰瘍ができ、食べ物がしみることがあります。通常1~2週間で治まりますが、繰り返しできる場合もあります。糖質摂りすぎのサインだったりを体感的にわかっている人お多いでしょう。

口内炎 アロエ

口内炎 アロエ

アロエの消炎作用は、かなり有名ですが、アロエチンの殺菌作用と毒素の中和作用により悪化を防ぎます。

また、アロエウルシンは潰瘍をくい止めることができます。さらに潰瘍を抑制する効果については絶大です。

口内炎での注意は、他の病気が原因で起こることが多いということです。かぜや肺炎、胃腸や肝臓などの病気の場合にも起こります。原因がどこにあってもアロエで炎症を抑えることができるので内服と併用するといいでしょう。
特に胃腸や肝臓の疾患が原因で口内炎としてあらわれることもあるので注意しなくてはなりません。
口内炎には大きく分けてカタル性のものと、アフタ性のものとがあります。カタル性のものは、口の中の粘膜が赤く腫れ、熱を持ってシクシク痛み、水や熱いお湯、さらに刺激性の食べ物はしみます。
一方、アフタ性口内炎は、長い間、原因不明でしたが最近になってアレルギー性疾患のひとつであることが報告されています。これは、口内粘膜に円形の潰瘍ができます。いずれの場合にもアロエが効果を発揮しますのでアロエの消炎作用に期待していいでしょう。

口内炎 治療 アロエ 使用方法

アロエの葉からとげを取り除いて十分に水洗いし、熱湯消毒したところで使用します。アロエのしぼり汁を約4倍の水で薄めたもので、1日に数回口の中をゆすぎます。

すぐに吐き出さないでしばらく口の中にとどめておくことがポイントです。
ひどいときには、しぼり汁を脱脂綿に含ませて炎症部分に当てておきます。患部に直接作用するため、より早い効果が期待できます。
アロエ茶、アロエ酒、料理などでアロエを使う習慣をつけておくと口の中を清潔にすることができ体調不良を防ぐことができます。アロエの殺菌作用が口内炎ができやすい体質を変えてくれるでしょう。また、ビタミンBの摂取も効果があります。特にビタミンB2が欠乏すると口内炎ができやすくなります。

ビタミンB2 多く含む食品

アロエで一時的に治っても、また繰り返すような場合は、アレルギー性の疑いが強くなりますのでこの場合は、病院を受診しましょう。

アロエの症状別使用方法

 

ニキビ 吹き出物 アロエ で症状を改善する方法

ニキビ 吹き出物 アロエ で症状を改善する方法についてです。

生活習慣を整えて アロエ ニキビ 吹き出物 予防

ニキビ 吹き出物 アロエ

ニキビ 吹き出物 アロエ

ニキビは青春のシンボルともいわれ思春期に多くできるもので、原因となっているのは、性ホルモンだといわれています。私たちの体は、思春期になると性ホルモンの分泌が盛んになります。特に男性ホルモンには皮脂の分泌を促進するはたらきがあって、思春期には皮脂の分泌量が増加するのです。

そうすると、毛穴の中で皮脂が詰まってしまい、そこに細菌が付着して炎症が起きます。これこそがニキビです。

そして、思春期を過ぎ成人した人にできるニキビは、吹き出ものといわれます。近年では、「大人ニキビ」とも呼ばれています。

こういったニキビを防ぐには、まず、肌をいつも清潔に保っておくことが重要です。一日に何度もこまめに洗顔すると良いでしょう。

そのほか、糖質、脂質が多く含まれている食品の摂り過ぎや、睡眠不足、ストレスを抱える、便秘になることなどでもニキビができたり、悪化することにつながるので、食生活を含めた生活習慣にも注意しなくてはなりません。

ニキビ 吹き出物 アロエの使用法

アロエに含まれている有効成分には、アロエチン、アロエウルシン、アロインなどがあります。

アロエチンは特に殺菌作用、解毒作用をもっていて、アロエの葉肉やしぼり汁でニキビの改善に役立ちます。

アロエの皮をはぐと、半透明でゼリーのような葉肉があらわれるので、ニキビの上に当たるくらいの適当な大きさに切って、ガーゼを当てテープで固定します。これを寝る前に行うと、より効果的です。

しぼり汁の場合は、アロエを適当な長さに切って熱湯で消毒します。そして、布などでしぼった汁を、一日に何回か洗顔後に化粧水の代わりとして、ニキビに直接つけます。人によっては、このとき皮膚にヒリヒリしたような刺激を感じることもあるので、その場合には、水で少し薄めて使ってみましょう。

アロエウルシンには抗潰瘍作用があって、新しい細胞組織をつくったり、修復するはたらきがあります。ニキビ跡の皮膚組織を修復するのに役立ちます。

ただ、ニキビが治ったからといって、それで使用を止めてしまわず、しばらくはそれまでどおりに続けましょう。

ちなみに、アロエウルシンは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状にも効果的です。胃腸などの不調も吹き出物やニキビの原因になりやすいので、アロエを常食するとより効果的です。
アロエの症状別使用方法

 

しみ そばかす アロエ で症状を改善する方法

しみ そばかす アロエ で症状を改善する方法です。シミ そばかす は、どちらも皮膚の内側にメラニン色素が沈着して起こります。アロエの内服によって新陳代謝は活発になり、シミが発生するのを防ぎます。シミができてしまった場合には、アロエの葉肉を切り、そのゼリーをシミの部分にすり込みます。あるいは、しぼり汁をつけます。

しみ そばかす アロエ メラニン色素の沈着

しみ そばかす アロエ

しみ そばかす アロエ

しみ そばかす は、どちらも皮膚の内側にメラニン色素が沈着して起こります。

20歳代ぐらいまでの若いうちはいいのですが、ある程度の年齢を重ねた女性は、鏡を見てショックをうけることが多いでしょう。たとえば、家族写真を撮った時に自分の衰えた肌を見て幻滅する場合もあります。

メラニンというのは、人間を含めた動物、植物などに形成される色素で、私たちの肌や髪、瞳などに黒や褐色の色をつけているものです。メラニンには黒色と肌色の2種類があり、日本人と諸外国人で肌や髪や瞳の色が違うのは、このメラニンの量が違うからです。

メラニンは紫外線やガンのもととなる活性酸素といった有害物質のバリアーとなって肌のトラブルや病気から守ってくれているので、メラニン色素はとても大切な物質です。しかし、過剰に生成されたメラニンは色素沈着を起こしてシミとなります。

シミはおもに30歳代以上の人の頰や鼻のまわり、額などにできます。シミができる原因は、紫外線や活性酸素ですが、そのほかにも、ホルモンの分泌異常などが考えられています。

一方、そばかすは、細かい茶褐色の斑点が頰や目のまわりなどの紫外線が当たりやすいところに、集中してできます。思春期の間だけできる そばかす もあるようですが、遺伝的に そばかす ができやすい体質の人もいるといいます。

そばかす ができるのは、間違ったスキンケア、ビタミン不足、過度のストレスや睡眠不足などさまざまな原因が考えられますが、大きな発端となっているのは、紫外線や活性酸素だといわれています。これらの害から皮膚を守るためにメラニン色素が増殖して、色素沈着が起こるのです。

しみ そばかす を防ぐ

日光浴をし過ぎないこと

しみ ソバカス は、紫外線を浴びることによってメラニン色素を合成する酵素が活性化し、数が増えたり色が濃くなったりします。

こうしたことから、長時間にわたり日光(紫外線)を浴びるのは避けましょう。特に、夏の屋外で活動するときには、長袖のシャツやパンツを着用する、肌には紫外線をカットする化粧品を使う、といった紫外線対策が大切になってきます。

しみ そばかす 使うアロエの使用法

しみ の原因には、年齢的な問題もあります。ホルモンの乱れのほか、中年以降になると体の新陳代謝が鈍くなったり、長年使ってきた化粧品の影響を受けたりもするのです。

しかし、アロエの内服によって新陳代謝は活発になり、しみが発生するのを防ぎます。しみができてしまった場合には、アロエの葉肉を切り、そのゼリーをしみの部分にすり込みます。あるいは、しぼり汁をつけます。
アロエの絞り汁が手に入らない場合は、無添加の原液 アロエ本舗 「 完熟アロエまるごと純しぼり 」

ソバカスには、アロエの内服と外用を併用するとよいです。しみの対応と同じでよいのですが、よりこまめに行うほうがよいでしょう。特に化粧品関連商品で、肌トラブルを起こしやすい場合は、アロエの原液がおすすめです。無添加の原液なら顔に塗っても安心です。

アロエには、メラニン色素の沈着を防ぎ、表皮細胞の代謝をスムーズにするはたらきがあるので、シミ・ソバカスの予防や進行を抑えるのに役立ちます。

美容に効くアロエケアは、こちらも参考に。

 

アロエの症状別使用方法