アロエの症状別使用方法」カテゴリーアーカイブ

ニキビ・吹き出ものに使うアロエの使用法

生活習慣を整えてニキビを予防

ニキビは青春のシンボルともいわれ思春期に多くできるもので、原因となっているのは、性ホルモンだといわれています。私たちの体は、思春期になると性ホルモンの分泌が盛んになります。特に男性ホルモンには皮脂の分泌を促進するはたらきがあって、思春期には皮脂の分泌量が増加するのです。

そうすると、毛穴の中で皮脂が詰まってしまい、そこに細菌が付着して炎症が起きます。これこそがニキビです。

そして、思春期を過ぎ成人した人にできるニキビは、吹き出ものといわれます。近年では、「大人ニキビ」とも呼ばれています。

こういったニキビを防ぐには、まず、肌をいつも清潔に保っておくことが重要です。一日に何度もこまめに洗顔すると良いでしょう。

そのほか、糖質、脂質が多く含まれている食品の摂り過ぎや、睡眠不足、ストレスを抱える、便秘になることなどでもニキビができたり、悪化することにつながるので、食生活を含めた生活習慣にも注意しなくてはなりません。

ニキビ・吹き出ものに使うアロエの使用法

アロエに含まれている有効成分には、アロエチン、アロエウルシン、アロインなどがあります。

アロエチンは特に殺菌作用、解毒作用をもっていて、アロエの葉肉やしぼり汁でニキビの改善に役立ちます。

アロエの皮をはぐと、半透明でゼリーのような葉肉があらわれるので、ニキビの上に当たるくらいの適当な大きさに切って、ガーゼを当てテープで固定します。これを寝る前に行うと、より効果的です。

しぼり汁の場合は、アロエを適当な長さに切って熱湯で消毒します。そして、布などでしぼった汁を、一日に何回か洗顔後に化粧水の代わりとして、ニキビに直接つけます。人によっては、このとき皮膚にヒリヒリしたような刺激を感じることもあるので、その場合には、水で少し薄めて使ってみましょう。

アロエウルシンには抗潰瘍作用があって、新しい細胞組織をつくったり、修復するはたらきがあります。ニキビ跡の皮膚組織を修復するのに役立ちます。

ただ、ニキビが治ったからといって、それで使用を止めてしまわず、しばらくはそれまでどおりに続けましょう。

ちなみに、アロエウルシンは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状にも効果的です。

シミ・ソバカスに使うアロエの使用法

シミ・ソバカスはメラニン色素の沈着

シミ・ソバカスは、どちらも皮膚の内側にメラニン色素が沈着して起こります。

20歳代ぐらいまでの若いうちはいいのですが、ある程度の年齢を重ねた女性は、鏡を見てショックをうけることが多いでしょう。

メラニンというのは、人間を含めた動物、植物などに形成される色素で、私たちの肌や髪、瞳などに黒や褐色の色をつけているものです。メラニンには黒色と肌色の2種類があり、日本人と諸外国人で肌や髪や瞳の色が違うのは、このメラニンの量が違うからです。

メラニンは紫外線やガンのもととなる活性酸素といった有害物質のバリアーとなって肌のトラブルや病気から守ってくれているので、メラニン色素はとても大切な物質です。しかし、過剰に生成されたメラニンは色素沈着を起こしてシミとなります。

シミはおもに30歳代以上の人の頰や鼻のまわり、額などにできます。シミができる原因は、紫外線や活性酸素ですが、そのほかにも、ホルモンの分泌異常などが考えられています。

一方、ソバカスは、細かい茶褐色の斑点が頰や目のまわりなどの紫外線が当たりやすいところに、集中してできます。思春期の間だけできるソバカスもあるようですが、遺伝的にソバカスができやすい体質の人もいるといいます。

ソバカスができるのは、間違ったスキンケア、ビタミン不足、過度のストレスや睡眠不足などさまざまな原因が考えられますが、大きな発端となっているのは、紫外線や活性酸素だといわれています。これらの害から皮膚を守るためにメラニン色素が増殖して、色素沈着が起こるのです。

日光浴をし過ぎないこと

シミ・ソバカスは、紫外線を浴びることによってメラニン色素を合成する酵素が活性化し、数が増えたり色が濃くなったりします。

こうしたことから、長時間にわたり日光(紫外線)を浴びるのは避けましょう。特に、夏の屋外で活動するときには、長袖のシャツやパンツを着用する、肌には紫外線をカットする化粧品を使う、といった紫外線対策が大切になってきます。

シミ・ソバカスに使うアロエの使用法

シミの原因には、年齢的な問題もあります。ホルモンの乱れのほか、中年以降になると体の新陳代謝が鈍くなったり、長年使ってきた化粧品の影響を受けたりもするのです。しかし、アロエの内服によって新陳代謝は活発になり、シミが発生するのを防ぎます。シミができてしまった場合には、アロエの葉肉を切り、そのゼリーをシミの部分にすり込みます。あるいは、しぼり汁をつけます。

ソバカスには、アロエの内服と外用を併用するとよいです。シミの対応と同じでよいのですが、よりこまめに行うほうがよいでしょう。

アロエには、メラニン色素の沈着を防ぎ、表皮細胞の代謝をスムーズにするはたらきがあるので、シミ・ソバカスの予防や進行を抑えるのに役立ちます。

美容に効くアロエケアは、こちらも参考に。

口臭に使うアロエの使用法

人と話していて、顔の距離が近いとき、相手の口臭が気になったこと、または自分の口臭が心配になったことは、多くの人が経験していることでしょう。

口臭の原因として多いのは、歯肉炎や歯周炎などの歯周病や舌苔(ぜったい)です。虫歯があったり歯ぐきに病気があったりすると、口臭があらわれます。舌苔というのは舌の表面に白っぽく見えるもので、歯の表面に付着する歯垢(しこう)と同じように、舌に付着する苔(こけ)状の細菌のかたまりです。舌苔からは硫化水素などが産生され、やはり口臭となります。こうした口臭のおもな原因物質は、揮発性の硫黄化合物です。

また、これらだけでなく、鼻やのどなど呼吸器系の病気があったり、糖尿病、腎臓や肝臓などの内臓の病気があったりする場合にも呼気を通しての口臭があります。

そして、唾液が減少することでも口臭が発生します。唾液には、細菌の増殖を抑えて口の中を洗浄する作用や、口の中の粘膜を保護する作用などがあります。唾液は口臭予防に大切なものだということを覚えておきましょう。唾液の分泌が少なくなると、口の中が不潔になって虫歯や歯槽膿漏になったり、口の中が乾燥して口臭が強くなったりします。

ストレスがかかったときや緊張したときに口が臭くなるのは、唾液の量が減って口の中が乾くからです。生理的な口臭はほかにもあって、朝起きたときやお腹が空いたときには、特に口臭が強くなります。

このように、さまざまなことが原因となって発生する口臭ですが、実はけっこう厄介なのです。それは、口臭は自分では気づきにくく、なかなか改善に至らないからです。気にする人が多い一方で、強い臭いに無自覚な人も多いといわれています。

口臭に使うアロエの使用法

アロエに含まれているアロエチンという成分が口腔を殺菌し、消化器系の粘膜の炎症を抑えます。アロエウルシンは、潰瘍を抑えるのに有効です。アロインやアロエエモジンは、胃を健やかに保ったり、体内の毒素を体外へ排泄するはたらきがあります。

口腔の殺菌には、口内炎と同じように3~4センチメートルの葉をすりおろしたアロエを水で4~5倍に薄め、口の中の炎症を起こした部分に当たるように含み、しばらくしたらそれを飲み込みます。

内臓のはたらきを良くしたり、体に抵抗力をつけるためには、アロエの服用が欠かせませんが、これは普段からおこなっていることが大切なので、アロエのジュースやお茶を日常的に用いるようにしましょう。

更年期障害の症状に使うアロエの使用法

私たちの体は、ホルモンの影響を受け、一生のうちに何度か大きく変化します。
女性は40歳を過ぎると、卵巣の機能が徐々に低下していきます。卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつのエストロゲンが減少し、排卵がなくなり、そのうちに月経が止まります。この、女性ホルモンの分泌が急激に低下し、成熟期から老年期に移行する期間を「更年期」といいます。

女性の多くが50歳前後で閉経を迎えることから、閉経を中心とした前後のおよそ10年間が更年期と呼ばれます。個人差はありますが、ホルモンのバランスが乱れるとそれが原因でさまざまな不快な症状があらわれます。自律神経の調節が乱れるので、症状は自律神経失調症と似ていて、精神的に不安定になります。

具体的な症状としては、のぼせ、ほてり、冷え、めまい、だるさ、むくみ、肩こり、腰痛、関節痛、口の渇き、発汗、手足のしびれ、耳鳴り、動悸、息切れ、頭痛など、身体的なもののほか、怒りっぽくなったり、急にふさぎ込んだりと気分の上下が激しくなって、精神的なものもあらわれます。さまざまな問題から、不眠にもなります。

その人の性格や抱えているストレスなど精神的なものに大きく左右されやすいのが更年期障害の特徴です。さまざまな症状があっても、日によって違う症状があらわれたり、いくつもの症状が重なってあらわれることもあります。

肉体的にも精神的にも変化を迎える時期なので、少しでも負担が減らせるように、更年期障害に対してのセルフケアを考えてみましょう。
自律神経が安定するよう、ウォーキングや水泳などの有酸素運動をして体のバランスを整えたり、趣味を楽しんだり気分転換やストレス解消をして心のバランスを整えるのがおすすめです。

更年期障害の症状に使うアロエの使用法

アロエには、血液の流れを良くしたり、神経を鎮静してはたらきを調和させる成分が含まれています。生の葉やしぼり汁を常用することで、さまざまな不快な症状を軽減します。アロエ風呂アロエ酒も有効で、血の巡りを良くして神経のはたらきを整えます。

下痢の症状に使うアロエの使用法

外形をとどめない便が一日に何回か出る場合を下痢といいます。下痢の便の状態は、軟便から水様便まであります。

下痢には急性のものと慢性のものがあるのですが、急性で腹痛や吐き気、発熱を伴っているときには、食中毒を起こしている疑いがあります。激しい症状があるので、この場合には医師の診察が早急に必要です。

慢性の下痢は、おもに腸の異常が原因となって起こります。慢性腸炎や腸の機能低下のほか、急激な水分の過多やアルコールの飲み過ぎといった不摂生による体力の低下などが原因になることがあります。そして、緊張を強く感じたときや日常のストレスからくる慢性的な下痢もあります。

慢性の場合、特別に強い症状は伴いませんが、腰にだるさを感じたり、不快感があったり、腹痛が起こることもあります。急性で食中毒による下痢の場合は、腸内の毒素を急速に排除しようと生理的に作用します。ですから、勝手に下痢止めの薬などを服用してはなりません。先でも触れましたが、早急に医師の診察を受け、指示に従いましょう。

下痢の症状に使うアロエの使用法

下痢に対してアロエを用いるには、注意が必要です。アロエがもっている健胃整腸作用を利用して、下痢体質の改善を目的に用います。

穏やかに効く粉末タイプまたは錠剤タイプを常用しましょう。

便秘に悩む場合のアロエの使用法はこちら。

胃下垂の症状に使うアロエの使用法

胃下垂とは、胃を支える筋肉が緩んで、正常な位置よりも下に胃が落ち込んでしまった状態をいいます。一般的に体力のない虚弱体質の人に多くみられ、原因を特定できない場合が多いです。

胃が下垂しているだけなら特に苦痛がないのが普通なのですが、「胃アトニー」を伴っていることが多くて、そうなると不快な症状がいろいろと起こります。胃アトニーというのは、胃下垂が原因で胃の筋肉がたるんでしまい、胃の動きが悪くなることです。胃に炎症や潰瘍があるわけではないのですが、胃の運動が弱くなるので、食べたものを消化し、腸へ送る力が低下します。

いったん胃下垂になってしまうと、残念ながら、下がった胃を完全に元の位置まで戻すことは困難であり、時間をかけて、弱く力のない体から強い体に改善していくしかないのです。

胃下垂だけの場合、自覚症状はほとんどないのですが、胃アトニーになると、日常的に、消化不良による胃もたれ感や胃痛、ゲップ、食欲不振などの症状が起こります。また、手足が冷えたり、肩がこったり、頭が重かったりといった症状を併発することもあります。

胃下垂はレントゲン検査で確実にわかりますから、胃に不快感が続いているようなら、一度検査しておくのがよいでしょう。病気ではないので、特に治療がおこなわれるわけではありません。

胃アトニーの場合には、本人にとってはつらい症状であり、食事や運動などの生活指導がおこなわれます。

胃下垂の症状に使うアロエの使用法

アロエの苦味成分であるアロインやアロエエモジンは、胃の自律神経のはたらきを調整して、低下してしまった機能を活発にします。それと同時に、強い体質に改善するようにはたらきます。

生の葉のままのほうが効果的ですが、摂取を長期にわたって続けるためには、粉末状や粒状にされたものも適しています。

乗り物酔いの症状に使うアロエの使用方法

耳の奧に平衡感覚をつかさどる器官があります。これが乗り物酔いの揺れに過敏に反応して起こるものが乗り物酔いです。自律神経の敏感なタイプの人に多いといわれていますが、「酔ってしまうのでは?」という不安な気持ちも大きく作用しています。
かといって「絶対に酔わない」と自分に言い聞かせたからといって酔わなくなることは難しいようです。

耳の奧にある平衡感覚をつかさどるところが乗り物の揺れに過敏に反応してしまい、起こります。最初は、なまあくびがでたり、ちょっと気分が悪い程度ですが、症状が悪化してくると、頭痛がしたり、冷や汗、吐き気、ひどい場合には、吐いてしまうなどの症状があらわれます。

市販の乗り物酔い止めの薬は、耳の奧の平衡感覚の働きを鈍くすることで乗り物酔いを予防します。平衡感覚をつかさどる部分は、体調の悪いとき、特に胃腸の働きが弱っているときに出やすい症状です。
乗り物酔いを避けるにはまずは胃腸を整えることが大切です。それから思いこみによる精神的なものもかなり影響するので、乗り物に乗る前に大きく深呼吸するなどして自分の気持ちを落ち着けることも大切です。自分自身で「酔う」という暗示をかけないようにしなくてはなりません。

寝不足や胃腸の調子が悪いときには、特に乗り物酔いしやすいので、アロエを服用することによって体調を整えることも効果がります。
また、精神安定作用もあるので、不安を取り除くことにもつながります。

乗り物酔いの症状に使う場合

普段からアロエを生活に取り入れながら、体調を整えることも大切ですが、乗り物に乗る前に生の葉を3センチほどかじります。生の葉は即効性があるので直前に食べるといいでしょう。
長期の旅行の場合などは、生葉を携行することができないので粉末にしたものや粉末をはちみつなどで練って丸薬状にして持っていくと安心です。

特に生のアロエを手にいれることが難しいという人は、無農薬、有機肥料栽培された良品活新鮮キダチアロエが原料の健康飲料などを飲むといいでしょう。
有機肥料栽培の新鮮なアロエの原液100%「キダチアロエピュア100」
などがおすすめです。防腐剤、甘味料、着色料などの添加物は一切使われていないため安心して飲むことができます。
乗り物に乗る前に飲むといいでしょう。
〔飲み方〕
原液では、成人で一日15~60ml(添付キャップ1杯約30ml)を目安として飲みます。個人差がありますので、初めは少量ずつ試しご自分の適量を見つけます。水で3~5倍に薄めてはちみつを加えると一層美味しく飲めます。

かぜの症状に使うアロエの使用方法

かぜは空気中のウィルスが人間の呼吸器官から体内に入り込んで感染症を起こすものです。普通、感冒とインフルエンザのふたつに大別されます。

感冒は、くしゃみや鼻水、鼻づまり、せき、たんなどの症状があり、熱はそれほど高くなりません。

インフルエンザは、普通のかぜの症状に加えて初めから高い熱がでます。体力がない場合、肺炎などになってしまう場合もあります。
ですから軽視せずにきちんと治すことが大切です。

残念ながらアロエにはかぜのウィルスを殺菌する作用はありませんが、アロエウルシンの持つ消炎作用がひとつひとつの症状を緩和します。
また、アロエチンやアロチミンという成分はウィルスの働きを鈍くします。

風邪をひいたときだけでなく、普段からアロエを服用するといいでしょう。

かぜの症状に使うアロエの使用方法

予防としてアロエを服用するのであれば、どんな方法でもかまいません。
下痢をしない程度に自分なりの適量を見つけて飲むといいでしょう。

風邪をひいてしまった場合は、まずは身体を温め、アロエ茶にしてもいいし、アロエ酒をお湯で割って飲んでもいいでしょう。

たんがからむようなときは、アロエの葉をよく洗いひげをとっておろし金ですりおろし、絞り汁を飲むといいでしょう。

頭痛の症状に使うアロエの使用方法

頭痛が頻繁に起きる人は、まずしっかり病院を受診します。脳腫瘍や高血圧などの大きな病気の可能性もあります。また、目、耳、歯などが異常や過労等はっきりとした原因でおきるもの、そしてはっきりとした原因がないのに起きるものとがあります。

はっきりとした原因による頭痛の場合、原因となる病気を治さない限り頭痛が治まることはありません。まずは病院を受診します。

こうした病気ではなく一般的な頭痛の場合は、偏頭痛や緊張性頭痛があります。偏頭痛は、急に頭の片側がズキズキと痛み出すもので、ひどいときには、吐き気を催します。実際に吐いてしまう場合もあります。片側だけでなく両側が痛む場合もあります。

ストレスがたまったり、睡眠不足が続いたときに起こりやすく、気圧や気温の急激な変化も原因となります。女性の場合は、生理前、生理中などに起こることもあります。

一方、l緊張性頭痛は締めつけられるような痛みと、肩や首筋のこりが発生します。性格が神経質でストレスへの返納が強いために緊張が起こることが原因です。

こうした場合には、一般的に頭痛そのものは、鎮痛剤や精神安定剤といった薬でおさめることができます。薬の場合は、一時的に痛みは和らぎますがまた同じように痛みがでてきます。
その場しのぎの対処法に頼るのではなく、根本的に体質改善することで頭痛を治すようにしないといつまでたっても同じことの繰り返しになってしまいます。

頭痛は、ストレスが引き金になっているのが特徴です。アロエには精神安定作用がありますが、たっぷり眠る、できるだけ小さなことにこだわらないなど、考え方を変える努力も重要です。
また、頭痛が起こる人は虚弱体質の人が多くこうしたケースでも気長にアロエを使い続けることで改善に向かいます。
アロエの血管を柔らかくする作用により括流の改善になり痛みが改善していきます。

頭痛は血流が悪くなり、脳血管が拡張、収縮することによって起こります。アロエには、細胞の新陳代謝を活発にして血管の弾力性を高める働きがあるので、長く服用するうちに脳血管の拡張・収縮が起きにくくなります。
また、頭痛もちの人は、胃腸が弱い場合が多く、これもアロエによって胃腸を丈夫にし、自律神経を安定させます。

頭痛の症状に使うアロエの使用方法

体調をみて下痢などの症状がないようなら、頭痛が起こったときに生の葉を3センチぐらい食べてみましょう。
もちろん毎日の食事にとりいれるのも効果的です。
リラックスしながら少しずつアロエの摂取量を増やします。毎日、食べるとなると生食だけでは飽きてしまうのでしぼり汁以外にも天ぷら、三杯酢などの料理に利用するとよいでしょう。

膀胱炎の症状に使うアロエの使用方法

膀胱炎とは、尿道を通って膀胱に入った大腸菌などの細菌が、膀胱の粘膜に炎症を起こさせる病気です。これが女性に多いのは、男性に比べて尿道が短いために細菌が侵入しやすいからです。

冷えや尿道の我慢などが原因で、膀胱炎にかかると、尿が濁る、尿意を不自然なほど頻繁にっもよおす、残尿感があるなどの症状があらわれます。
ひどくなると、排尿時に痛みを感じるようになりますので、放っておかないで装置に治療を行います。

アロエには、膀胱炎によい効果をもたらす、ふたつの作用があります。ひとつが利尿作用です。アロエを飲むことで、自然に尿量が増えます。
もうひとつが、アロエチンという成分による毒素の中和作用です。原因となっている、細菌の繁殖を押さえて炎症を軽減してくれます。

ただし、膀胱炎は、腎盂腎炎や膀胱結石などほかの病気が原因となっている場合もあるので、必ず医師の診断を受けます。

膀胱炎の症状に使うアロエの使用方法

痛みがひどいときは、生の葉を食べます。苦みでツライときには、ゼリー部分だけを食べます。

腎臓の働きを活発にするためには、水分補給が大切です。生の葉に比べて即効性は少なくなりますが、アロエ茶やアロエジュースを飲んでも効果が得られます。
むくみがあるようでしたらアロエのゼリー部分を足の裏に当てて、油紙で押さえて、絆創膏や包帯で固定して眠ります。これでむくみが解消されます。