アロエとの相性

アロエが効く人、効かない人

アロエが、こんな症状に効いた、あんな病気に効いた、というご本人の体験談や実例を集めていくと、ほとんどどんな病気にも効いているように思えてきます。確かにアロエは、家庭の救急薬としても、ある意味では理想的な常備薬です。

しかしそれなら、アロエが理想の万能薬かというと、残念ながらそうではありません。19世紀末、明治維新ごろからの近代医学の成立の中で、アロエが民間薬の中に埋もれていったのには、それなりの理由があったはずです。

アロエは確かに、やけど切り傷・擦り傷には、だれかれの別なくよく効きます。
胃の痛み便秘にも、大部分の人に効きます。

しかし、その他の病気(特に臓器の病気)になると、効き方も用量も、十人十色で個人差が出ます。病気の進行の程度でも効き方は違ってきます。

アロエは、特有の速効性があるといっても、内臓や細菌に対する作用そのものはおだやかです。すべての病気は早期発見、早期治療がいちばん肝心で、かかり初めならば、治療もしやすいし治りも早いものです。アロエは日頃から常食、常飲して予防的なつもりで使うとさらに効果的です。

進行して急を争う場合には、アロエの効きめを待つより、近代医学の治療を受けるべきです。アロエが助けてくれる自己治癒力そのものや一般的に言われる免疫力が、病気のせいで大幅に落ちているからです。反対に、病気の回復期には、アロエが実によく効きます。

アロエが、体の働きをどんどん強め、自己治癒力を回復させてくれます。しかし、実際には、医師が回復は無理と見放すような難病が治ったり、驚くほどの回復ぶりを見せたり、という例は、数え切れないほどあります。

こういった例の人たちにはアロエが体質によく合ったのだと思います。また、アロエを信用しない人が、アロエが効いたのかどうかわからない、アロエを使わなくても治ったんじゃないか、と言うのは、医師の治療を受けたあとの回復期に効いた例が多いせいもあります。

そして、アロエに問題があるとすれば、アロエに頼りすぎて、早期発見の必要な病気を見のがしたり、病気が進行して急を要する場合に手おくれとなってはいけない、という心配です。近代医学がアロエを使わなくなったのは、症状ごとに新薬の特効薬が次々に発見されて、アロエのように作用のおだやかな万能薬的な薬がだんだん必要なくなったということではないでしょうか。

逆にアロエは、だれにでも使え、おだやかに効いて、やけどやケガなどには速効性があり、いろいろな病気に広く使えるからこそ、民間薬として生き延びてきたのでしょう。そういう意味からアロエは、理想の家庭常備薬と言えるでしょう。

こういうときには病院へ

いくらアロエがやけどに効くといっても、三度以上の、広い面積にひどいやけどをしたときは、アロエだけで治そうとしても無理です。生命にかかわることもありますから、すぐ病院に行ってください。やけどのショック死の危険などには、アロエでは対抗できません。

胃腸の調子が悪くて、チョコレート色のような吐血をしたり、下血(便が真っ黒になる)したりするときは、アロエではとても間に合いません。すぐ病院へ行ってください。
慢性の肝臓病、腎臓病、糖尿病がある人は、いくらアロエを使用しているとしても、当然ながら、ふだんから病院で定期的に検診を受けていなければいけません。
意識障害など、急変の兆候があったら、アロエに頼ろうとせずにすぐ病院へ行ってください。また、心臓が悪い人や、高血圧の人も、アロエで調子がいいからといって、病院と縁を切らずに、定期的に検診を受けてください。
アロエはすばらしい食材ですが、頼りすぎるのはNGです。

また、最近は新鮮でフレッシュなアロエの絞り汁(原液)が無添加で手に入るようになったので、肌に塗ったり、頭皮に塗ったりするにはとても使いやすいです。
アロエ本舗の完熟アロエまるごと純しぼり