虫さされ アロエ 効果 アロエの使用方法

虫さされ アロエ効果 アロエの使用方法です。虫さされの薬は、一時的には、かゆみがおさまりますが、また痒くなってしまいます。
肌に合わないものだと逆にかゆくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

虫さされ アロエ 効果 虫さされは深刻ではありませんがかゆみがストレス

虫さされ アロエ

虫さされ アロエ

虫さされの痒みは、命にかかわることはほとんどありませんが、耐え難くストレスです。虫にさされるとかゆいのを我慢できずに掻いてしまった経験は誰にでもあるでしょう。

また、無意識のうちに掻いてしまっている場合もあります。勉強や集中できないので、ストレスフルになります。

小さい子供であれば、我慢できずに掻きこわしてしまう場合もあります。虫さされの薬は、一時的には、かゆみがおさまりますが、また痒くなってしまいます。
肌に合わないものだと逆にかゆくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

蚊に刺されたぐらいであれば、腫れも少ないのですが、ブヨやアブなどに刺された場合は、大きく腫れてしまいます。かゆみもひどくなります。
ハチやガ、ムカデなどの場合は、皮膚に毒液を分泌するのでひどければ発熱する場合もあります。

アロエ 虫さされ  効能 効果

アロエには、刺激を軽減してかゆみや痛みを止める消炎作用や殺菌作用があるだけでなく、アロエチンという成分が毒素を中和する作用があります。

虫にさされたらすぐにアロエを塗ると効果的です。尚、スズメバチなど毒素の強い虫に刺されたときは、病院に行くまでの間の初期処置としてアロエを使うのもいいでしょう。

虫さされなのか、かぶれなのかよくわからないときなどは副作用が全くないアロエを塗っておくと安心です。夏休みなどに田舎に行って虫に刺されるのは、蚊、以外にも毛虫、ハチ、ブヨなどです。

虫さされの治療に使うアロエの使用方法

虫さされ の際にアロエをどのように使用するかを症状別に紹介しています。

痒みや痛みが軽いとき

患部に直接アロエの液汁をつけるか、すりおろした汁をガーゼに含ませ貼ります。これだけでも十分効果があります。アロエの原液をガーゼに付けて貼っておくのもおすすめです。アロエジュースだと糖分が添加されていることもあるので無添加の原液がいいでしょう。

腫れがひどく、湿疹などを伴うとき

 

アロエの皮をむいてゼリー部分を取り出し、患部に貼って湿布します。上から包帯を巻くなどして固定し、乾いたら取り替えるようにします。登山をする場合などは、スライスして持ち歩くと便利です。

蜂はスズメバチ・アシナガバチ・ミツバチが問題になります。毒針はメスの産卵管が変化したもので、 刺すのはメスだけです。スズメバチとアシナガバチの毒には類似性があり、初めてどちらかに刺されても、 強い症状が起こることがあります。スズメバチは毒性が強く、頭部や複数刺されると症状が重いことが多いです。 初回では痛みと発赤・腫脹がみられますが、数時間で収まることが多いです。水道水程度の温度で冷却します。

発熱した場合

湿布だけでなくアロエの葉をよく洗ってすりおろしお湯で煎じて飲みます。こうすることで体内にまわった毒素を中和することができます。皮膚の防護・消炎作用などによって速やかに効果を発揮します。

アロエの症状別使用方法

関連ページ:
小児ストロフルス(虫さされ)

胃腸虚弱の症状に使うアロエの使用方法

胃腸虚弱とは

食欲がない、胃がむかむかする、口臭がかなりきつい、といった症状は軽い胃腸病です。こういった症状を頻繁に感じるようであれば、胃腸虚弱になっているケースがほとんどです。

胃腸の調子が悪いと吹き出物ができやすかったり、食べ過ぎたときに体調が回復するまでに時間を要したりします。

胃腸の弱い方は、ストレスにさらされると、食べることや飲むことでストレスを発散しようとすると逆効果になり、数日体調不良が続きます。ストレスが過剰にかかったときは、できるだけ胃腸に食べ物を入れない方が早く回復します。食べること以外のストレス発散方法を見つけましょう。

胃腸は、ひどい痛みでない分、なんとなくその状態に慣れてしまい、結果、放ってしまいがちですが、軽く考えてはいけません。このくらいの症状のうちに健康な胃にもどしておかないと、大病を引き起こしかねないのです。

胃腸虚弱の症状

  • 食欲不振
  • 胃もたれ
  • 食欲不振
  • 肌荒れ

程度がかるいうちは、放っておいてもたいしたことはないのですが、そのまま不摂生を続けていると、胃腸病になります。これが進行すると、胸焼け、食後のもたれ、ゲップなどがひどくなり、痛み、吐き気が起こり、さらに便秘や下痢を引き起こすことになります。

胃腸病は、放っておくとやがて胃潰瘍・十二指腸潰瘍に進行するケースが多いので初期症状のうちにきちんと治しておくことが大切です。緊張すると食欲がなくなったり、胃が痛くなったり下痢をする人は特に注意します。

アロエの胃腸虚弱に対する効能、効果

「苦み健胃剤」として知られているアロエには胃腸を調整する効果があります。苦み成分であるアロインやアロエモジンが胃を刺激して胃液の分泌を促し、その働きを活発にしてくれます。

胃腸の調子が悪いときに安易に薬に頼る前にアロエを服用してみましょう。食べた後に胃の調子がスッキリするようであればしばらく続けると胃の症状がひとつずつ改善します。

胃腸や健胃剤には、多かれ少なかれ苦みがありますが、アロエにも独特の苦みがあります。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍では、胃液の分泌が逆効果となるため、苦みを避けて食べることが大切ですが、軽い胃腸病の場合にはこの苦みこそが効果のもととなります。

苦み成分は、表皮に含まれますから、葉肉だではなく、表皮を一緒にたべることが大切です。

また潰瘍と同様、ストレスが胃腸病の大きな要因となっている場合が多いので、できるだけ心のゆとりを作るようにしたり、就寝前にクラシック音楽を聴くなどしてリラックスするといいでしょう。クラシック音楽に全く興味のない人でもリラックス効果があります。

胃腸虚弱の症状に使うアロエの使用方法

胃腸に効果のある成分は葉の表皮に含まれます。苦くても皮ごと食べることが大切です。アロエの葉には、ビタミンCが豊富に含まれますが、これには、胃の粘膜を強くする働きがあります。

こうしたことからもアロエの生食が胃にはもっとも効果があります。
どうしても生のアロエが手にはいりくい場合には、無添加の原液アロエを利用するのも手です。
もし、どうしても苦いという人は、細かく刻んでオブラートに包みましょう。
生の葉をそのままかじればいいだけですので簡単です。

ただし、よく洗ってとげの部分を取らなければなりません。アロエには、ビタミンCも豊富に含まれるため胃の粘膜の新陳代謝がよくなります。食後30分以内に食べるのが理想的です。胃壁を刺激して胃液の分泌をよくし、消化を助けます。

胃炎の食事はこちらが効きます。胃炎の方は普段の食事に少し注意して、アロエを食べることでかなりよくなります。まずは、食事、次にアロエと考えましょう。ゆっくりよく噛んで食べることも大切です。

漢方薬を併用するとさらに効果的です。

口内炎 アロエ で症状を改善する方法

口内炎 アロエ で症状を改善する方法です。口内炎は、口の中の粘膜が炎症を起こしている状態をいいますが、小さなできもの程度であれば、少し痛んだり、しみたりします。

なんとなく気になる程度のものですが、ひどくなると何も食べられません。空腹なのに食べられない苦しみはかなりつらいものです。
また、食べる際に物が口内炎にあたってしまったり、しみたりして不快な状態が続くのも大変にストレスです。

口内炎」とひとくくりに呼ばれていますが、軽度なものから重度なものまで、多種多様な症状があります。
食事がしみやすいものの痛みがあまり強くなく、粘膜に赤い腫れやところどころにポツポツと斑点や浮腫ができるのは、比較的軽い口内炎です。
非常に多いのが、アフタ性口内炎と呼ばれる症状。白か黄色の膜で覆われた米粒くらいの潰瘍ができ、食べ物がしみることがあります。通常1~2週間で治まりますが、繰り返しできる場合もあります。糖質摂りすぎのサインだったりを体感的にわかっている人お多いでしょう。

口内炎 アロエ

口内炎 アロエ

アロエの消炎作用は、かなり有名ですが、アロエチンの殺菌作用と毒素の中和作用により悪化を防ぎます。

また、アロエウルシンは潰瘍をくい止めることができます。さらに潰瘍を抑制する効果については絶大です。

口内炎での注意は、他の病気が原因で起こることが多いということです。かぜや肺炎、胃腸や肝臓などの病気の場合にも起こります。原因がどこにあってもアロエで炎症を抑えることができるので内服と併用するといいでしょう。
特に胃腸や肝臓の疾患が原因で口内炎としてあらわれることもあるので注意しなくてはなりません。
口内炎には大きく分けてカタル性のものと、アフタ性のものとがあります。カタル性のものは、口の中の粘膜が赤く腫れ、熱を持ってシクシク痛み、水や熱いお湯、さらに刺激性の食べ物はしみます。
一方、アフタ性口内炎は、長い間、原因不明でしたが最近になってアレルギー性疾患のひとつであることが報告されています。これは、口内粘膜に円形の潰瘍ができます。いずれの場合にもアロエが効果を発揮しますのでアロエの消炎作用に期待していいでしょう。

口内炎 治療 アロエ 使用方法

アロエの葉からとげを取り除いて十分に水洗いし、熱湯消毒したところで使用します。アロエのしぼり汁を約4倍の水で薄めたもので、1日に数回口の中をゆすぎます。

すぐに吐き出さないでしばらく口の中にとどめておくことがポイントです。
ひどいときには、しぼり汁を脱脂綿に含ませて炎症部分に当てておきます。患部に直接作用するため、より早い効果が期待できます。
アロエ茶、アロエ酒、料理などでアロエを使う習慣をつけておくと口の中を清潔にすることができ体調不良を防ぐことができます。アロエの殺菌作用が口内炎ができやすい体質を変えてくれるでしょう。また、ビタミンBの摂取も効果があります。特にビタミンB2が欠乏すると口内炎ができやすくなります。

ビタミンB2 多く含む食品

アロエで一時的に治っても、また繰り返すような場合は、アレルギー性の疑いが強くなりますのでこの場合は、病院を受診しましょう。

アロエの症状別使用方法