冷え症の症状に使うアロエの使用方法

日本の女性には冷え性が多く、冷え症でないとわからないツライ症状を抱えています。夏でも手足が冷えてしまい、困っている人が多くいます。

現代社会には冷え症になる原因がたくさんあります。特に問題なのは、夏です。薄着になり素足にサンダルで出かけ、さらに冷房を低い温度でがんがん使うような生活はどうしても冷え症になってしまいます。

冬は布団に入っても眠れない、すぐに下痢をする、月経痛がひどいなどの症状がある人は冷え症です。

冷え症は直接生命に及ぼす病気でないために、放っておく人が多く様々な病気の原因になる場合もあります。子宮ガン、心筋梗塞なども冷え症が原因になることもあります。

冷え症になる原因は、自律神経が乱れて血管が収縮するためです。体質を改善して自律神経を正常に戻すことが大切です。
アロエを毎日食べながら少しずつ体質改善を図ると不快な症状も少しずつ消失していきます。
冷え症の原因についてはこちらに詳しく書かれています

冷え症の症状に使うアロエの使用方法

冷え症の人は、量を少な目に、おだやかに作用する方法を選ぶことが大切です。ですから、生の葉をそのまま食べるなどの方法は避けます。アロエは加熱すると、作用がおだやかになります。アロエの葉をすりおろし、果汁に加えて温め、ホットジュースにする、熱いお茶にアロエをすりおろしたものを少量加えるなどの方法が最適です。
甘味料も薬効を穏やかにするため、アロエを蜂蜜漬けなどにするもの効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です